【旅探(たびたん)】国内旅行・観光の魅力再発見!|いい旅、ふた旅。

世界に名だたる経済都市であり、1,200万人以上の人々が生活をする街、東京。日本の中心地として様々な機能が集中した重要地域ですが、そんな東京には歴史を感じさせる観光名所、そして今流行りの大人気スポットが目白押し。今回は、日本国内だけでなく、海外からもたくさんの観光客が訪れる東京の人気観光名所をまとめてご紹介致します。

井元 ミカと沢城 忠孝
全国の観光名所/旅行/温泉/レジャー施設をお探しなら「旅探」
ブログコンテンツTOP
  • 文字サイズ

記事

2020年9月29日

東京の観光名所 定番から知る人ぞ知る観光スポットまで

東京の観光名所!思い出の旅にお役立ち情報

人によっては東京の街はあまりに身近すぎて、観光地と感じることは少ないかもしれません。しかし、繁華街と呼ばれる街を見回してみると、海外からの観光客もたくさん目にできます。地方住まいの方にとっては一種の憧れを抱く街であり、ファッションやグルメといった文化が集中した流行の発信地です。

東京と言えば明るく華やかな先進的なイメージが先行しますが、江戸時代から多くの人々が生活をした庶民の街としての顔も。かつての暮らしぶりや面影を感じられる地域、江戸文化を今に伝える施設も数多く存在しています。そんな東京は日本人の根源に触れ、懐かしい気持ちに浸れる場所。ここでは、東京観光をするなら見ておきたい一押しの名所をまとめました。

若者文化の中心地。おしゃれでポップな街、原宿を楽しむ

若者文化の中心地。おしゃれでポップな街、原宿を楽しむ

注目スポットや観光名所にあふれ、どこに行こうか迷ってしまう東京ですが、まずご紹介するのが連日多くの若者で賑わうおしゃれな街、原宿。ファッションや雑貨、アクセサリーといった服飾関係の店舗がたくさん並びます。

定番スイーツとなっているクレープショップなど、食事ができるお店も注目されるなど若者文化の発信地となっている東京の代表的観光スポットです。特に、原宿の竹下通りは若者通りと呼べるほどに多くの若者が集い、その人通りの多さから東京らしさを最も感じられるスポットとなっています。

「原宿カワイイ!」という世界的な文化はこの街から生まれており、そんな原宿カワイイ!を体感できるお店と言えば、アートのような色彩と店構えで話題となっている「KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKU」。カラフルで華やかでちょっと不思議なその空間は、カフェとは言いますが、面白い店員さんあり、ショータイムありのワンダーランド。東京観光で原宿を訪れた際は、この神秘的で素敵な雰囲気を体感してみてはいかがでしょうか。

【施設情報】

  • 施設名:KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKU
  • 所在地:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目31-10 YMスクエア4F
  • 電話番号:03-5413-6142

買い物、観光、夜景も楽しめる。お台場は悪天候でもおすすめ

買い物、観光、夜景も楽しめる。お台場は悪天候でもおすすめ

次に紹介するのは東京の湾岸エリア、お台場。せっかくの東京観光、できるなら晴れていた方が良いですが、天候に恵まれないときもあります。そんなときでも楽しめる屋内の観光スポットがたくさんあるのがお台場です。

まず、定番となっているのが「フジテレビ本社」。フジテレビで放送している番組に関係したセット展示品が多数並ぶなど、テレビ好きの方にとってはたまらないスポットとなっています。雨の日でも「球体展望室」からお台場や「東京スカイツリー」などを見渡せるので、東京ならではの景色を眺める場所としてもおすすめ。また、世界最大級の大観覧車が楽しめる「パレットタウン」には商業施設やグルメなお店が目白押し。お台場観光のちょっとした休憩にももってこいの場所となっています。

晴れている日には、東京湾に落ちる見事な夕日も魅力のひとつ。ですが、雨の日にはその夕日も拝むことはできません。それでも、美しい夜景を楽しめるのが東京の魅力です。晴れている日よりも、むしろ雨の日の方が東京の街の灯は幻想的に美しく輝くとも言われています。雨の日には人通りも少なくなるため、ゆっくりと観光できるチャンスと言えるかもしれませんね。

【施設情報】

【施設情報】

上野で感じる下町の魅力!台東区立下町風俗資料館は上野の隠れた名所

上野と言えば代表的な観光名所として上野動物園や数々の美術館・博物館、そしてアメヤ横丁(アメ横)をイメージする方が多くいらっしゃるのではないでしょうか? もちろん、それらの名所や人気の観光スポットもおすすめです。けれども、ここは少し趣を変えて、東京に残る下町らしさや、どこか懐かしいレトロな雰囲気を見つけに行くのはいかがでしょうか。

下町の風情を感じられる上野のスポットとしておすすめできるのが、上野公園内にある「台東区立下町風俗資料館」です。明治時代から昭和中頃までの東京・下町の雰囲気を再現した博物館であり、人によっては昔を思い出して懐かしさを感じられる隠れた名所。規模こそ大きくはありませんが、「古き良き時代の日本らしさ」である昭和の暮らしぶりを展示品の数々から感じとれます。

年配の方や外国人観光客が多く訪れる下町風俗資料館ですが、かつての時代を知らない若い方にとっても十分に楽しめる、風変わりな観光スポットと言えるでしょう。

【施設情報】

日々進化する秋葉原はオタク文化の聖地。アキバグルメも人気です。

駅周辺の開発が進み、昭和の色を強く残していた街から綺麗でおしゃれな観光名所と変貌を遂げたオタクと家電の街、秋葉原。いつ訪れてもたくさんの外国人観光客でいっぱいの人気スポットであり、オタク文化の聖地であると同時に、日本を代表する観光地ともなりました。「アニメ」、「漫画」、「フィギュア」、「アイドル」、「電化製品」…と、様々なグッズを取り扱う秋葉原には、本当にたくさんの見どころがあります。

しかし、秋葉原で人気となっているのはそれだけではありません!近年注目されているのが秋葉原で食べられるグルメ、通称アキバグルメです。他の印象が強すぎることもあり、あまりイメージが湧かないかもしれませんが、現在の秋葉原は「食の街」としても高い人気を誇ります。

特に、人気なのがラーメン店で、東京都内でも屈指のラーメン激戦区。しかも評判のラーメン店が数多く出店しているため、ラーメン好きにもたまらないグルメな観光地となっています。様々な文化を取り入れて日々進化する秋葉原のパワーは、東京の他の観光地とはひと味もふた味も違うものと感じられるでしょう。

ジブリ好きが愛する素敵な夢の空間。三鷹の森ジブリ美術館

ジブリ好きが愛する素敵な夢の空間。三鷹の森ジブリ美術館

「となりのトトロ」や「千と千尋の神隠し」など、日本を代表する名作アニメを次々に発表したアニメ制作会社、「スタジオジブリ」。宮﨑駿監督が手がけたアニメは日本のみならず世界各国で評価されていますが、そんなジブリアニメの世界の一端に触れることができる素敵なスポットが東京都三鷹市にある「三鷹の森ジブリ美術館」です。美術館というと、絵画や彫刻が展示されているちょっと堅苦しい雰囲気、というイメージかもしれませんが、こちらのジブリ美術館はそんな美術館のイメージとは全く異なる夢の世界となっています。

観光スポットとしても人気の「三鷹の森ジブリ美術館」がまず変わっている点、それは事前にチケットを予約しておかないと入場すらできない、という完全予約制の美術館だということ。さあ東京観光だ! と「三鷹の森ジブリ美術館」にいきなり向かったのは良いものの、チケットを予約していなかったために入れなかった…なんてことのないように注意しましょう。

館内にはジブリアニメに登場するキャラクターのイラストや展示品がかわいらしく、工夫をこらして配置されており、アニメの世界観に浸れる唯一無二の場所として非常に高い評価を得ています。「三鷹の森ジブリ美術館」では、ジブリ作品の魅力やその情熱をうかがい知ることができ、スタッフの快適なおもてなしによって1日中いても飽きない、と絶賛される東京の人気観光スポットです。

【施設情報】

周辺には見どころもいっぱい。江戸東京博物館で日本文化を知る

周辺には見どころもいっぱい。江戸東京博物館で日本文化を知る

江戸と東京の歴史、文化を学べる場所として、東京都墨田区の観光名所のひとつとなっているのが「江戸東京博物館」です。徳川家康によって江戸時代が開かれた1603年(慶長8年)から現在までの歴史と文化を様々な展示品や資料によって振り返ることができ、歴史好きな方からの評価がとても高い博物館となっています。

わざわざ東京に来てまで歴史の勉強なんて…と、思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ミニチュアジオラマや資料が展示されており、日本人の生活の変化が丁寧に詳しく学べるため、同施設を訪ねて損をすることはありません。

「江戸東京博物館」があるのは両国駅のすぐ近く。両国と言えば、やはり有名なのが両国国技館です。本場所が行なわれている時期は多くのお客さんで賑わいますが、それ以外の時期は混雑もなく、また無料で入場できる「相撲博物館」もあるので、相撲ファンならぜひ訪ねておきたい名所です。

さらに、両国の街には名物のちゃんこ屋もあるため、本場の味で腹ごしらえもグルメ好きにはたまらないでしょう。立地的に浅草や東京スカイツリーにも近いため、これらの王道観光スポットと一緒に「江戸東京博物館」で日本の魅力を再認識する、というコースもおすすめです。

【施設情報】

【施設情報】

旅行の最後に立ち寄りたい!歴史感じる東京駅周辺

最後にご紹介する東京の観光名所は、東京の鉄道交通の要でもあり、また大規模な修復工事によって100年前の姿を取り戻した「東京駅丸の内駅舎」です。

今からおよそ100年前、1914年(大正3年)に建築された当時の「赤レンガの駅舎」となった同施設は、近代的な洋風建築物として堂々たる風格を持った立派な観光名所として人気があります。特に、「東京駅丸の内駅舎」の威厳が出るのは夜。ライトアップされた建物はより一層の存在感を放ち、写真撮影のために足を止める人も少なくありません。

東京駅の周辺を観光するのなら訪れたい名所はいくつかありますが、その筆頭に挙げられるのが「皇居東御苑」。もとは江戸城があった場所でもあるため、お濠や大手門など趣のある名所がいくつも存在し、長い月日を感じさせる石垣などからも、江戸時代から続く伝統ある場所であることがうかがえます。

また、「皇居東御苑」はひそかな桜の名所としても人気のスポット。苑内は飲酒禁止となっているため宴会ムードなど一切排除されており、和やかな気分で桜を楽しむことができるのが魅力。春に東京観光をするときは、桜を見る候補地のひとつとして覚えておきましょう。

【施設情報】

※この記事は、2020年9月時点の情報に基づいて作成されています。

※当サイトは原則「リンクフリー」と致しております。

近くの観光・レジャー施設を検索する

北海道宮城東京神奈川埼玉千葉愛知大阪兵庫福岡その他の地域

ページの先頭へ戻る