観光施設(旅行)ホームメイト・リサーチ

観光施設(旅行)ホームメイト・リサーチ

ご希望の観光施設(旅行)を無料で検索できます。

明治日本の産業革命遺産 旧集成館(旧鹿児島紡績所技師館)・寺山炭窯跡・関吉の疎水溝

  • Increase Text Size
  • Increase Text Size
  • Decrease Text Size

アヘン戦争後、日本の植民地化を防ぐために薩摩藩主であった島津斉彬(しまづなりあきら)が軍事力の強化のために取り組んだものが集成館事業です。

強い国づくりのためには、軍備だけではなく産業の育成も大切だと考え、製鉄、造砲、造船、ガラス、紡績、食品加工、印刷、電信、医薬、写真、ガスなど多岐にわたる事業に力を注ぎました。「集成館」と呼ばれる一帯は、まるで工業コンビナートのようで、この事業はまさに日本の近代化への第一歩。

中でも製鉄・造船にかかわる機械工場や反射炉跡、旧鹿児島紡績所技師館の3資産は、ユネスコの世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」のひとつとして、2015年(平成27年)に登録されています。

旧集成館の歴史

1840年代日本の南端を支配していた薩摩藩は、通商を迫るイギリスやフランスの激しい外圧にさらされます。島津斉彬が薩摩藩の家督を継いだのは1851年(嘉永4年)のこと。

西欧諸国のその巨大な軍事力を目の当たりにした島津斉彬が取り組んだ集成館事業とは、一体どんなものであったのか、振り返ってみます。

鎖国体制下での事業開始

集成館事業のはじまりは1852年(嘉永5年)、鉄製砲を製造するための反射炉の建設でした。「反射炉」とは、大砲を製造するために銑鉄を溶かして大砲の鋳型に流し込むためのものです。

その後、反射炉周囲に鉄を供給するための溶鉱炉、大砲を仕立てるための台やガラス工場、蒸気機関研究所などが次々と造られました。しかし、反射炉が建てられたとき、日本はまだ鎖国体制下。外国の専門家や技術者を招くこともできず、西欧から必要な機材や材料を輸入することもできません。

そこで斉彬は、書物を通して西欧の最新技術を取得する方法を選びます。書物で得た知識が日本の在来技術と融合し、近代化が進められることとなりました。

これは非常に困難なことでもありましたが、のちに鎖国が終了し外国人技術者や機械類の導入が可能となったときに、西欧の機械をすぐに使いこなし知識の吸収もスムーズにできたそう。最盛期には藩内外から集まった技術者など1,200人もの人が働いていたと言われています。

日本各地の近代化と工業化

1853年(嘉永6年)のペリー来航を期に、日本各地で近代化・工業化の動きが加速します。しかし、幕府や他の藩が「富国強兵」の名のもとで軍事主体の近代化であったのに対し、集成館事業では軍事だけではなく紡績やガラスなどの民需産業による「富国」が特徴でした。

伝統の「薩摩焼」では、新しく開発した絵の具で西洋人が好むような鮮やかな模様を施します。ガラス産業のひとつである「薩摩切子」も当初から輸出を意識したものでした。また、インフラの設備も積極的に行ない、電信やガス灯などの社会的基盤設備にも力が注がれたことからも、斉彬の発想と行動力は並外れたものであったことが分かります。

藩の域を超えた技術供与

斉彬は1858年(安政5年)、日米修好通商条約の締結をめぐる議論の中、徳川幕府に建白書を提出しています。海防の備えが不十分なため、戦いを避けて締結するべきであるということを述べた上で、「第一人和、継テ諸御手当」とも説いています。これは海防の手当などよりも「人の和」が最も大切であり、人の和を生み出すために富国強兵策をとるようにとのこと。人々に豊かな暮らしを保障することで人は自然とまとまる、というのが斉彬の考えであったのでしょう。

また、斉彬は自分が築き上げた集成館を幕臣であった勝海舟や他の藩士らに惜しげもなく見せています。これは日本を強く豊かにするためには、他藩への技術供与も大切であると考えており、幕府や藩といった枠にとらわれていては、西欧に太刀打ちできないという考えが元であったと考えられます。

集英館のほとんどは1863年(文久3年)の薩英戦争で消失しましたが、様々な資料は藩外の地域に多数残されており、現在の展示品の多くは他藩の協力の上成り立っています。これも、斉彬が他藩へ技術供与をしてくれたお陰と言えます。

斉彬の死後

1858年(安政5年)7月、幕府に建白書を提出した2ヵ月後に斉彬は病気で急逝します。急激な西洋化の反動もあり「集成館事業」は大幅に縮小。さらに1863年(文久3年)に勃発した薩英戦争でイギリス軍艦隊の攻撃を受け、集成館は消失してしまいました。

しかし、この薩英戦争で集英館事業の必要性が再認識され、斉彬のあとを継いだ島津忠義が1865年(慶応元年)、新たに機械工場を建設。この機械工場は現在、国の重要文化財、そして「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の主要構成資産のひとつとして、世界遺産にも登録されています。

薩摩藩は、集成館事業により日本でも最高水準の技術・工業力を持つまでに至りました。その威力を発揮した薩摩藩は、長州藩と手を組んで幕府を倒し、明治新政府を樹立させます。そして、明治政府は斉彬の唱えた「富国強兵」をスローガンに、薩摩で培った技術力や工業力を全国各地へ伝えていくこととなりました。

施設情報はこちら

集成館で取り組んだ主な近代化事業

集成館事業により、薩摩藩はより強く豊かな藩となりました。日本が近代化を遂げるための礎を築いた集成館の工場群。

中でも大砲鋳造に使われた「反射炉跡」や、イギリス人技師たちの宿舎であった「旧鹿児島紡績所技師館」は、世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の主要構成資産のひとつにも登録された先人たちの貴重な近代資産と言えます。こちらでは、集成館で取り組んだ主な事業をご紹介しましょう。

紡績事業

元々は薩摩藩の船の帆布を自給するために力を入れたという記録が残されています。1867年(慶応3年)には、日本初の西洋式機械紡績工場である「鹿児島紡績所」が完成。イギリスから輸入した蒸気機関や紡績機械を備えた先駆的な工場で、ここで培った技術はその後、富岡製糸場や堺紡績所などに伝えられていきました。

1897年(明治30年)に工場は廃止され建物も取り壊されましたが、当時操業指導にあたっていたイギリス人技師たちの宿舎であり、通常「異人館」と呼ばれた「旧鹿児島紡績所技師館」は、国の重要文化財や世界遺産である明治日本の産業革命遺産のひとつとして、今も現存しています。当時の暮らしぶりを再現した部屋などがあり、見学することもできます。

大砲鋳造

西洋の技術書を参考に、鉄鉱石などを溶かす溶鉱炉、大砲の砲身を造る反射炉、砲身に穴を開ける台などを整備して大砲を造っていました。

中でも反射炉は当時の薩摩焼の技術を駆使し、西洋と日本の在来技術を融合して完成させた貴重なものだとか。かつては高さ16メートル程の煙突状の炉がそびえ立っていましたが、薩英戦争後は薩摩在来の石積み技術で精密に造られた石造りの基礎部分だけが残りました。反射炉跡の隣には復元された「鉄製150ポンド砲」もあり、こちらも見学することができます。

民需産業

海外への貿易振興を目的に輸出品の開発にも力を入れました。有名なものが透明ガラスに色ガラスをかぶせてカットした「薩摩切子」です。

また、あでやかな模様を施した「薩摩焼」はパリ万博で大絶賛され、ナポレオン3世にも送られたという記録もあります。

尚古集成館(旧集成館機械工場)

戊辰戦争後の1865年(慶応元年)に斉彬のあとを継いだ島津忠義により竣工された旧集成館機械工場。25馬力の蒸気機関やオランダ製工作機械を備え、船舶装備用の部品などを製造していました。

現存する最古の洋風工場建築物で、「ストーンホーム」と呼ばれる洋風建築が特徴。今では島津家の歴史や集成館事業に関する資料を展示する博物館となっており、建物自体も「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の主要構成資産のひとつとして、世界遺産に登録されています。

施設情報はこちら

寺山炭窯跡

寺山炭窯跡

現在の鹿児島県鹿児島市吉野町に位置する石積みの窯跡です。集成館事業で使われる「木炭」を製造するために造られ、2013年(平成25年)に旧集成館の附として国の史跡に指定されました。2015年(平成27年)、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産のひとつとして、旧集成館と共に世界遺産に登録されています。

寺山炭窯が造られた背景

集成館事業を行なう中でさらなる大量の燃料が必須であることに気がついた島津斉彬は、福岡から石炭技師を招き領内の石炭をつぶさに調べさせました。しかしながら、石炭鉱脈は見つからず他藩の石炭に頼らざるを得ない状況に陥ります。そこで斉彬が考えた代替燃料が「木炭」でした。

吉野地区の森林地帯であった「寺山」には、木炭の材料に適する椎(しい)や樫(かし)の木が多数自生しており、これらを使うことで火力が強く火持ちも良い、商品価値の高い木炭である一種白炭が製造できたのです。この白炭に目を付けたのが斉彬の父、島津斉興の側近であった調所広郷でした。

そこで斉彬は、1856年(安政3年)、当時木炭技術の最先端であった紀伊藩に藩士を派遣させ技術を学ばせます。同時に紀伊藩から2人の炭焼師を招き、自藩の石炭技術の向上にも努めました。 そして1857年(安政4年)、集成館から北に5キロ離れた寺山の地に3基の炭焼窯を建設。斉彬が寺山を選んだのは木炭の材料に適した森林資源が豊富であったこともありますが、集成館からの距離も近く、製造した炭を運搬するのが比較的容易であったことも理由であるとされています。

製造された木炭の用途

寺山で製造された木炭は、主に集成館事業の反射炉において溶鉄のために使われたという記録が残っています。

また、陶磁器やガラスなど民芸品の製造にも利用されていましたが、寺山での木炭製造は1858年(安政5年)の斉彬の急逝によって廃止となりました。

現在の寺山炭窯跡

現在寺山には、3基のうち1基のみの窯跡が残されており、残りの2基は建設された場所も分かっていません。

残された1基は高さ3メートル、直径5~6メートルにも及ぶ堅牢な石積みの巨大な釜で、築造された当時の姿が今もそのまま残されています。

施設情報はこちら

関吉の疎水溝

現在の鹿児島県北東部にある下田町関吉から磯地区吉野町までの7~8キロに及ぶ用水路です。

こちらも前述の寺山炭窯跡と同じく島津斉彬によって行なわれた旧集成館の動力源として活用された遺産で、2015年(平成27年)、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産のひとつとして、世界遺産に登録されました。この疎水溝を使い集成館に水を引き込み、水の力をうまく利用することで工場を動かす動力源に変えていたそうです。

関吉の疎水溝が造られた背景

元々関吉の疎水溝は、1722年(享保7年)前後に薩摩藩の第4代藩であった島津吉貴が、新田への灌漑用水と島津家の別邸であった仙巌園への給水のために稲荷川上流の取水口から仙巌園までの約7キロの距離を造成したのではないかと考えられています。

それから100年以上経った1852年(嘉永5年)、島津斉彬が集成館事業の動力に転用させるため、新たに水路を設け改修工事を行ないました。トンネルを18ヵ所も掘り起こすなど当時の一大事業であったことが窺えます。

集成館に引き込んだ水力の用途

関吉の疎水溝を通り集成館に引きこまれた水は水車にたどり着きます。当時は蒸気機関がまだ研究段階であったため、砲身に穴を開けるための鑚開台や熔鉱炉内に風を送る鞴、また火薬の原料を砕く動力などに水車は使われました。現在、博物館である尚古集成館では、当時の銃薬水車の模型展示を行なっています。

また、この疎水溝で注目すべき点はその傾斜角度であり、関吉から実方までの3,470メートル間で、高低差はたったの2メートル。

疎水溝はほぼ水平の状態でゆるやかに水が流れるように設計されており、当時の技術力の高さには驚かされます。

現在の関吉の疎水溝

現在この疎水溝は、関吉に稲荷川から水路へ水を取り込む取水口がほぼ当時のままの状態で現存しています。

また、取水口付近では岩盤を繰り抜いた水路が原形をとどめており、途中滝のようになっているところは「巌洞の滝」と称されることも。水路は集落を通り延々と続き、現在は実方橋の手前で途絶えています。

一部の水路は今でも農業用水として利用されているそう。近年世界遺産の構成資産のひとつに選ばれたものの、知名度は同じ世界遺産構成資産の旧集成館などと比べいまだ低い状態です。

今後はより知名度を上げガイドを育成していくことが、関吉の疎水溝の課題であるでしょう。

施設情報はこちら