ご希望の観光名所/旅行/温泉/レジャー情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
観光名所/旅行/温泉/レジャー
トップページへ戻る
トップページへ戻る

明治日本の産業革命遺産 三重津海軍所跡(みえつかいぐんしょあと)

  • Increase Text Size
  • Increase Text Size
  • Decrease Text Size

江戸時代末期、長崎の警備を任されていたため特に海防に力を入れていた佐賀藩。そんな重大な役割を背負っていた佐賀藩は、1858年(安政5年)蒸気船の修理や造船を担う施設を設立します。

こちらで日本初の蒸気船が造られるなど、日本の近代工業化を支えました。現在の佐賀県佐賀市川副町に位置し、早津江川に面する三重津海軍所跡は、2015年(平成27年)「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」のひとつとして世界文化遺産に登録され、激動の時代を今に伝えています。

三重津海軍所の歴史

三重津海軍所跡の現在

三重津海軍所の歴史

時代は西洋列強が日本へと進出を始めた幕末。そんな時勢の中で、唯一外国に対し開かれていた長崎港の警備を担当していたのは佐賀藩でした。

フェートン号事件などの外国船との様々なトラブルも起きていた当時、佐賀藩は諸外国からの圧力に対して強固な姿勢を取るためにも、防衛力が必要な時代になってきたことを悟ります。1853年(嘉永6年)に起きたペリー艦隊の浦賀来航がきっかけとなり、西欧諸国の脅威を痛感した幕府は、老中・阿部正弘のもと安政の改革を実施。

その改革の中で出されたのが「大船建造禁止令」の撤回であり、200年余り禁じていた大船の建造はこれをもって解禁されました。これを受け佐賀藩は、まずオランダに蒸気軍艦を発注し、さらに自ら蒸気船を製造することを企画します。

三重津海軍所の開設

三重津海軍所
三重津海軍所

1855(安政2年)年、幕府は長崎において「長崎海軍伝習所」を設置します。これは海軍士官を養成するための教育機関であり、こちらではオランダ軍人を教師に招き色々な軍事技術を教えていました。

歌舞伎パンダ

幕臣や力を持っていた藩から選抜された藩士たちが集まり、もちろん佐賀藩からも多数の藩士が海軍伝習生として参加。造船技術から船の操縦方法、機械工学や火薬の製造、医学や語学に至るまで様々なことを学びました。このとき長崎海軍伝習所に通った128名の内訳は、薩摩藩16名、肥後藩5名、筑前藩28名、長州藩15名、津藩12名、備後福山藩4名、掛川藩1名、そして佐賀藩からは47名の藩士が伝習を受けており、佐賀藩が一番多くの人材を派遣していたという記録が残っています。

しかし、1857年(安政4年)築地に軍艦操練所の設立が決定し、多くの幕府伝習生たちは教員として築地に移ることとなりました。その後、長崎は江戸から遠いという立地も考慮され、築地の軍艦操練所が新たな幕府の海軍士官養成として一本化されることとなります。これに伴い、1859年(安政6年)長崎海軍伝習所は閉鎖しましたが、この1年前の1858年(安政5年)、実は佐賀藩ではすでに独自の海軍養成施設「御船手稽古所(おふなてけいこしょ)」を設立していました。

そして、長崎海軍伝習所の閉鎖により長崎で学んでいた多くの藩士が佐賀に戻ってくることを受け、佐賀藩はこの「御船手稽古所」をさらに増設。これがのちの三重津海軍所の前身となったのです。

三重津海軍所で運用されていた船

「大船建造禁止令」の撤回を受け、佐賀藩よりオランダに発注された船はオランダのロッテルダムにおいて1856年(安政3年)に完成します。

1858年(安政5年)、「電流丸」と名付けられた木造スクリュー蒸気船を佐賀藩は10万ドルで購入。その他にも三重津海軍所では、当初長崎海軍伝習所で練習艦としてオランダより幕府に贈呈されていた「観光丸」を長崎海軍伝習所閉鎖と共に譲り受け、運用しています。

木造帆船
木造帆船

さらに、長崎海軍伝習所で学んでいた佐賀藩士たちが伝習生時代に造り上げた木造帆船「晨風丸(しんぷうまる)」も保有していました。

この晨風丸製造の背景には、非常に積極的で勤勉であった佐賀藩士の性格がうかがえる逸話が残っています。当時幕府伝習生たちが「長崎丸」という木造船を造り上げるやいなや、さっそく佐賀藩伝習生たちもそれに習い同じ型の船を完成させました。そんな行動的な藩士が集まっていたことからか、1865年(慶応元年)には日本初の実用蒸気船「凌風丸(りょうふうまる)」の建造に成功します。

同年3月29日には、藩主・鍋島直正も乗船し諫早湾の航海が行なわれ、有明海における要人の輸送などに利用されました。

その後の三重津海軍所

三重津海軍所
三重津海軍所

三重津海軍所がどのような経緯でいつ閉鎖したのかといった記録は残っていませんが、少なくとも1867年(慶応3年)に起きた戊辰戦争の際には兵の乗船地として利用されていたそうです。

1902年(明治35年)には、同地に佐賀郡立海員養成学校が設立され、その後も名前を変えつつも商船を学ぶ教育機関であり続け、最終的には1910年(明治43年)に佐賀商船学校となり、23年間その地で多くの卒業生を海運業界へと送り出しました。現在は、佐野歴史公園として整備されており、2013年(平成25年)には世界遺産登録に先駆け国の史跡に指定されています。

三重津海軍所跡の現在

三重津海軍所跡は、「船屋地区」、「稽古場地区」、「修覆場(しゅうふくば)地区」の三つのエリアから構成されています。まず「船屋地区」とは、整備され海軍所として使われる前の「御船手稽古所」が置かれていた場所。

佐賀藩が所有していた和船を管理していました。次に「稽古場地区」と言うのはその名の通り、稽古や教育が行なわれていた場所です。長崎海軍伝習所で技術を持ち帰った伝習生たちが今度は教官となり、造船術を始め航海術や測量術を藩士に教えていました。最後に、「修覆場地区」には造船や船の修理に携わる金属部品の製作場や修船の際に船を引き入れるための「ドック」が造られていたとか。

このドックが三重津海軍所跡の中でもとても貴重な遺構なのです。

今も残る日本最古のドライドック

ドライドック
ドライドック

三重津海軍所跡では、2009年(平成21年)より発掘調査が進められています。特に修覆場地区からは、非常に興味深い遺構が発掘され、研究者の間で話題となりました。丸太材と木杭、板材を使用して複雑な木組みの技術で造られた骨格が出土。

歌舞伎パンダ

その大きさは深さ約3.5m、長さに至っては60m以上にも及び、これは当時の記録や地理的な条件などを参考にした結果、「ドライドック」と呼ばれる船舶の製造や修理の際に用いられる設備であることが判明しました。

これは現時点では日本最古の現存するドライドックであり、施工には日本在来の土木技術が随所に応用されていることからも、建築史及び土木史においても非常に貴重な遺構に位置付けられています。

佐野常民(さのつねおみ)記念館

三重津海軍所跡に隣接している「佐野常民記念館」。「佐野常民」とは、長崎海軍伝習所において伝習生1期生として学び、のちに三重津海軍所の監督となった人物です。さらに日本赤十字社を築いたことや農商務大臣を務めるという経験もあり、その功績は数知れません。そんな佐野常民を讃えて造られたのが佐野常民記念館です。

佐野常民記念館
佐野常民記念館

当初は「佐野記念館」として、1973年(昭和48年)開設し中川副公民館に併設していましたが、2004年(平成16年)に三重津海軍所跡の隣に移設されました。こちらには三重津海軍所ドックの模型、及び実物大写真パネル、さらには出土遺物の展示、そして3D映像によるドック使用方法や佐賀藩における近代化事業のあり方など、当時の三重津海軍所を知るための資料がたくさん展示されています。さらに、「三重津ウォーカー」と言う最新アトラクションの貸し出しを実施。

これは、VRスコープとイヤホンを装着することにより、解説を聞きながら160年前の風景を360度見渡すことが可能な機械であり、当時の様子を実際に自分の目で見る体験が好評を呼んでいます。