ご希望の観光名所/旅行/温泉/レジャー情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
観光名所/旅行/温泉/レジャー
トップページへ戻る
トップページへ戻る

平泉(岩手県)

  • Increase Text Size
  • Increase Text Size
  • Decrease Text Size

2011年(平成23年)、岩手県南西部にある平泉町の寺院や遺跡群がユネスコ世界文化遺産に登録されました。登録名は「平泉─仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群─」です。

平泉─仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学遺跡群─とは

中尊寺

毛越寺

観自在王院跡

無量光院跡

金鶏山

その他の遺跡群

平泉─仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学遺跡群─とは

東北地方で初めての世界文化遺産登録となった平泉は、平安時代の末期に造られた5つの寺院や遺跡群が構成資産として登録されています。

かつて奥州藤原氏が栄えた時代に造られた、これらの寺院と遺跡は現存し、日本の長い歴史の中で輝いた個性的な文化を今に残す、貴重な資料として認められたことになります。

奥州藤原氏

平泉
平泉の庭園

「奥州藤原氏(おうしゅうふじわらし)」とは、都を離れ奥州に土着した藤原清衡(ふじわらのきよひら)を初代とする豪族のことです。

平泉の地を拠点として約100年間栄え、独自の仏教理念に基づいて寺院等を複数創建しました。

奥州藤原氏は、四代目の藤原泰衡(ふじわらのやすひら)の時代に源頼朝によって滅ぼされ、当時の建造物は一部を残し火災などで失われてしまいましたが、多くは復元・保護され、現代になってユネスコ世界遺産に登録されることになりました。

浄土思想と浄土式庭園

仏教で伝えられている思想のうち、阿弥陀如来を信仰して西方極楽浄土に往生することを目指すものが「浄土思想(じょうどしそう)」です。

平安時代の末期になって特に流行し、やがて「浄土教」として平泉の地域で強く信仰されるようになります。

浄土式庭園
浄土式庭園

こうした浄土思想に基づいて、建造物や池、橋などで景観を整え、浄土が現世に現れたように造りこんだ庭園を特に「浄土式庭園」と呼びます。

平泉観光協会 公式サイト
http://hiraizumi.or.jp/

中尊寺

中尊寺(ちゅうそんじ)は、世界遺産・平泉の構成資産のひとつに数えられる天台宗東北大本山の寺院です。

850年(嘉祥3年)に創建されたと伝えられており、奥州藤原氏ゆかりの寺院としても知られています。

奥州藤原氏の初代、藤原清衡は身内での権力争いに勝利し、1088年(寛治2年)(※1087年の説もあり)に陸奥押領使(むつおうりょうし、当時の官職)に任命されると、1094年(嘉保元年)に中尊寺がある平泉に居館を移しました。

中尊寺は、それ以前から存在していましたが、このときに藤原清衡によって、人々に存在が知れ渡ることになります。ここには、それまでの闘争で死んでいった人々と共に、自らも極楽往生を目指したいとの仏教的な思想があったと考えられています。

1189年(文治5年)に奥州藤原氏は滅亡してしまいますが、中尊寺は源頼朝によって守られ、存続することになりました。

1337年(建武4年)に火災があり金色堂と経蔵の一部以外の建築物がほぼ全焼してしまいますが、江戸時代には仙台藩領内となって伊達氏に守られ、少しずつ荒廃しながらも維持され続けます。

やがて1909年(明治42年)に本堂が再建され、昭和に入ると学術的な研究が行なわれるようになりました。そして、1962年(昭和37年)には金色堂の解体修理が行なわれたのです。

阿弥陀仏を祀る金色堂と覆堂

金色堂新覆堂
金色堂新覆堂

中尊寺には多くの国宝、重要文化財がありますが、阿弥陀堂でもある金色堂そのものも国宝のひとつに数えられています。

研究の結果、金色堂は1124年(天治元年)に完成したことが分かっており、大火災で他の建造物が全焼する中でも焼けずに残り、創建当時の面影を残しています。

内部には、多くの仏像の他に奥州藤原氏三代までの遺体や四代目泰衡の首級が納められています。 現在の金色堂は、コンクリート製の覆堂(おおいどう)で守られており、ガラススクリーンで覆われています。それまで使われていた旧覆堂も国の重要文化財に指定されています。

中尊寺 公式サイト
http://www.chusonji.or.jp/

毛越寺

天台宗の寺院である「毛越寺(もうつうじ)」も、世界遺産・平泉の構成資産です。

慈覚大師円仁が850年(嘉祥3年)に開山。その後、平泉に移り住んできた奥州藤原氏の第二代当主・藤原基衡(ふじわらのもとひら)と、第三代当主・藤原秀衡(ふじわらのひでひら)によって多くの伽藍が造営され、往時には堂塔40僧坊500を数えたと言われています。

奥州藤原家の滅亡以降、鎌倉幕府に守られていましたが、度重なる災禍によりすべての建物を焼失。

浄土庭園
浄土庭園

昭和の時代になって発掘調査が行なわれ、現在は、大泉が池を中心とする浄土庭園と、伽藍遺構がほぼ完全な状態で保存されています。

平安時代に書かれた日本最古の庭園書「作庭記」に基づいて作られた浄土庭園や、臨池伽藍跡(史跡)からは、往時の藤原氏の栄華が感じられます。

毛越寺 公式サイト
http://www.motsuji.or.jp/

観自在王院跡

平泉町にある遺跡「観自在王院跡(かんじざいおういんあと)」も「平泉─仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群─」を構成する資産のひとつです。

かつてここにあったと考えられる庭園が1976年(昭和51年)に発掘復元され、現在は平安時代の庭園遺構として見ることができます。

無量光院跡

奥州藤原氏の第三代・藤原秀衡によって建立されたと伝えられていますが、中尊寺や毛越寺と同様に火災に見舞われており、ほとんどの建造物が消失してしまいました。

京都の平等院を模した造りで建てられたとされていますが、現在は僅かな池の跡、土塁、石材などが残っているだけです。

金鶏山

中尊寺と毛越寺のほぼ中間あたりに位置する標高98.6mの山「金鶏山(きんけいさん)」。

宮城県や群馬県にも同名の山がありますが、世界遺産に登録されているのは平泉町にある金鶏山です。平泉町にある遺跡群にそびえる信仰の対象として、都市計画の基準になったと考えられています。

その他の遺跡群

当初、ユネスコ世界遺産の登録にはこれまで紹介した5つの遺跡群の他に、次のような遺跡も候補として考えられたものの、最終的には除外された経緯があります。

2014年(平成26年)現在、これらの遺跡群は追加登録の形で世界遺産の構成資産になることを目指しています。

柳之御所遺跡

柳之御所遺跡
柳之御所遺跡

「柳之御所遺跡(やなぎのごしょいせき)」は、奥州藤原氏の政庁「平泉館」と言われる史跡です。敷地からは藤原氏にかかわる遺構・遺物が大量に出土しています。

達谷窟

「達谷窟(たっこくのいわや)」は、坂上田村麻呂が蝦夷討伐の戦勝を記念して建てたと伝えられています。

歌舞伎パンダ
達谷窟
達谷窟

白鳥舘遺跡

白鳥舘遺跡
白鳥舘遺跡

「白鳥舘遺跡(しろとりだていせき)」は、平泉の繁栄を支えた北上川の要衝と考えられています。

長者ケ原廃寺跡

「長者ケ原廃寺跡(ちょうじゃがはらはいじあと)」は、衣川北岸流域に造営された寺院の跡で、奥州藤原氏に先行する安倍氏の時代にすでに仏教文化の形成が始まっていたことがうかがえます。

長者ケ原廃寺跡
長者ケ原廃寺跡

骨寺村荘園遺跡

骨寺村荘園遺跡
骨寺村荘園遺跡

「骨寺村荘園遺跡(ほねでらむらしょうえんいせき)」は、かつて「骨寺村」と呼ばれ、中尊寺の荘園が営まれたところで、現在も中世農村の良好な文化的景観が継承されています。

歌舞伎パンダ