観光施設(旅行)ホームメイト・リサーチ

観光施設(旅行)ホームメイト・リサーチ

ご希望の観光施設(旅行)を無料で検索できます。

明治日本の産業革命遺産 萩反射炉

  • Increase Text Size
  • Increase Text Size
  • Decrease Text Size

激動の時代・幕末に萩藩によって建造された反射炉であり、その煙突部が現存している「萩反射炉」は、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産のひとつとして2015年(平成27年)ユネスコの世界遺産リストに登録が決定した遺構です。

江戸時代の終わりから進められた西洋式武器開発の歴史をうかがえる、非常に貴重な遺跡という点で高い評価を受けました。かつて日本には萩藩の他に、佐賀藩、伊豆の国、薩摩藩、水戸藩、鳥取藩などでも反射炉が製造されていたという記録が残っています。

それらのなかでも、国内に現存する反射炉はこの山口県の「萩反射炉」と現在の静岡県伊豆の国市に位置する「韮山反射炉」のふたつのみであり、そうした面からも重要視されているのでしょう。

萩反射炉の歴史

時代が大きく動こうとしていた幕末、日本の各藩はそれぞれ日本の未来について考えを巡らせていました。アヘン戦争や黒船の来航など、度々晒される諸外国の脅威。これらの事件がきっかけとなり、外国による海からの攻撃に対し国土を守ることを必要とする藩を中心に、西洋式鉄製大砲の製造が進められることとなります。

日本従来の青銅砲ではなく、より長い飛距離を持つ洋式砲を造るにあたり欠かせないのが金属溶解炉。脆い鉄を強靭な鉄へと変える、重要な役目を担うのが反射炉だったのです。

見本となった佐賀藩の反射炉

日本で最初に反射炉を造り、工業炉として稼働させていた佐賀藩。当時佐賀藩は長崎の警備を担当していたこともあり、他藩に先駆けて海防に力を入れていました。

「蘭癖(らんぺき)大名」との異名で呼ばれる程海外の科学技術の導入に積極的であった、当時の佐賀藩主の鍋島直正は、まずオランダ人ヒューゲニンによって著された「ロイク王立製鉄大砲鋳造所における鋳造(ちゅうぞう)法」の翻訳を専門家に命じます。

反射炉に関する理論や仕組みについての研究を進め、ついに1850年(嘉永3年)日本最古の洋式反射炉を完成させました。同時期に開発に取り組んでいた薩摩藩や水戸藩が失敗に終わるなか、佐賀藩が最初に成功に至った理由は佐賀の地場産業である「有田焼」の技術が質の良いレンガを造る鍵となったとか。

それから試行錯誤を重ね、1851年(嘉永4年)には7回目の鋳造にしてようやく実用可能な砲身を作り出し、その後も次々と大砲を完成させます。

佐賀藩から萩藩(長州藩)へ

のちに多くの幕末志士を輩出した土地として有名となる「長州藩」ですが、この当時は萩城に置かれていたため「萩藩」と呼ばれ、土地を治めていました。

海に面した土地柄からやはり海防が重要視され始めており、反射炉の操業に成功していた佐賀藩へと萩藩から藩士の山田宇右衛門らを派遣したのは1855年(安政2年)のことでした。鉄製大砲の鋳造方法を伝授してもらうのが目的でしたが、製砲掛が長崎へ行き不在であることなどを理由に佐賀藩から拒否されてしまいます。

そこで萩藩は翌月、自ら発明した「砲架旋風台」という大砲台の模型を藩士の小沢忠右衛門に持たせて再度交渉を試みました。これが功を奏し、ようやく反射炉の見学を許された小沢忠右衛門は反射炉のスケッチを作成。

萩反射炉は、このときに小沢忠右衛門が持ち帰ったスケッチを頼りに製造されたのです。

萩反射炉は「試験炉」説

萩藩ではスケッチが持ち帰られた直後から設計が開始され、1年後の1856年(安政3年)には鉄製大砲の鋳造が始められました。しかし実際には、反射炉が本格的に操業されたという記録は見つかっていません。

日本における反射炉のお手本となった「ロイク王立製鉄大砲鋳造所における鋳造法」には、反射炉の高さは約16メートルと記載されており、実際に稼働していた佐賀藩の反射炉も韮山反射炉も同じような高さで造られています。

それに対し萩反射炉はその7割程度の高さしかなく、さらには砲身に穴を開ける際に用いる平錐台(ひらぎりだい)の動力である水車に必要な川や用水路の跡も発見されませんでした。

これらのことから、現在私たちが目にすることができる反射炉は実は「試験炉」であり、実用炉の築造には至らなかったという説が今のところ有力視されています。

国の史跡、世界遺産へ

「試験炉」とは言うものの幕末期における萩藩の政策や領土を守るという熱意をうかがわせる大変貴重な遺構として、1924年(大正13年)12月、国の史跡に指定されます。

そして、2009年(平成21年)には当時の名称である「九州・山口の近代化産業遺跡群」のひとつとして世界遺産暫定リストに追加され、2015年(平成27年)には「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」として正式に登録されました。

施設情報はこちら

現在の萩反射炉

山口県の北部、日本海に面する西日本随一の史跡都市である萩市。江戸時代には萩城の元、城下町として栄えました。

そんな萩市街の北東にある、丘陵の上に位置している萩反射炉。セブン-イレブン萩反射炉前店の駐車場が兼用駐車場となっており、階段を上った先に遺跡が保存されています。

現在も反射炉の一部が残っており、そびえ立つ高さ10.5メートルの遺構は煙突部分にあたるそう。基底部から9メートルまでは安山岩と赤土を使い、その他の先端部分は大きな耐火レンガを用いて造られています。レンガと安山岩のコントラストの美しさが人気ですが、石積み部分は漆喰で塗られていたとされている当時の姿もさぞ見応えのある建造物だったのでしょう。

下方では繋がり、上方で二股に分かれている独特な形もとてもユニーク。しかし、実際にはそれぞれ独立した煙突の造りとなっています。

観光地としての萩反射炉

世界遺産に登録されたことで注目が集まり、以来より多くの観光客が萩反射炉を訪れています。もちろん地元の人々にとっても吉報であり、世界遺産登録を記念した活動も。道の駅「萩しーまーと」では、館内にある「市場レストラン 来萩」において世界遺産登録記念メニュー「萩反射炉丼」の発売が登録決定の翌日より開始されました。

素材にもこだわり、地元萩市の越ヶ浜で水揚げされた萩産穴子を使用。煙突の下段部分は天ぷら穴子、上段のレンガ部分が煮穴子で表現され、大きさは実物の100分の1サイズである約10.5センチに作られています。

その他にも、「幕末の志士たちのチャレンジ精神を体感する」と銘打ち、「チャレンジメニュー・デカ盛り反射炉丼」というメニューも。ご飯1.5キロ、萩産穴子1.5キロを合わせた総重量3キロにも及ぶ巨大な丼は圧巻です。

萩市を巡るツアー

萩市には、萩反射炉の他にも数多くの史跡や世界遺産登録物件があります。NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」の舞台にもなり、より多くの人々が萩を知るきっかけとなりました。そこで、萩市の観光地を巡る観光ツアーなどが数多く企画され、もちろん萩反射炉はその史跡のひとつとして組み込まれています。

萩反射炉の他には、萩藩が江戸幕府から要請を受けて幕末に建設した造船所の遺跡である「恵美須ヶ鼻造船所跡」や、萩城跡や旧上級武家地などがある「萩城下町」、そして松田松陰が幽閉された部屋のある実家、塾舎の見物や松陰神社が参拝できる「松下村塾」などを周ります。

また、地元のガイドが史跡の歴史などを詳しく説明してくれるのがツアーで巡る最大の魅力と言えるでしょう。ツアーによっては萩温泉郷で一泊し、山口県の名物であるふぐ料理と共に、温泉を堪能できるプランなども人気を呼んでいます。