ご希望の観光名所/旅行/温泉/レジャー情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
観光名所/旅行/温泉/レジャー
トップページへ戻る
トップページへ戻る

観光情報

カナダ・メキシコ・エクアドルの世界遺産



カナダ、メキシコ、エクアドルの世界遺産を紹介します。

カナディアン・ロッキー山脈自然公園群/カナダ

カナディアン・ロッキー山脈自然公園群/カナダ

カナダのブリティッシュ州、コロンビア州、アルバータ州にまたがって位置するカナダの世界遺産のひとつで、雄大な大自然を身近に感じられるところです。バンフ、ジャスパー、ヨーホー、クートネイの4つの国立公園とハンパー、マウント・ロブソン、マウント・アシニボインの3つの州立公園からなっています。ロッキーの北玄関と言われるのがジャスパーです。ジャスパーからはVIA鉄道「カナディアン号」や「ロッキー・マウンテニア号」の鉄道が出ており、列車内から見事なロッキーのパノラマを楽しむことができます。ジャスパー国立公園にあるコロンビア大氷河はロッキー観光でも目玉スポット。見渡すかぎりに広がる氷河期からの氷河には圧巻です。また野生の生物や植物を近くで観察できるのもロッキーの魅力です。カナダの25セントの柄にもなっている「カリブー」もジャスパー公園周辺に生息していると言われています。アクティビティも盛んに行なわれており、初心者向けの日帰りハイキングはもちろん美しい湖で行なうカヌー、乗馬やラフィティングなどもあります。

古代都市チチェン-イッツァ/メキシコ

古代都市チチェン-イッツァ/メキシコ

ユカタン半島の北部にあるメキシコの世界遺産でマヤの後古典期の都市遺跡です。「チチェン-イッツァ」とは、「泉のほとりの水の魔術師」という意味で、遺跡の目玉はマヤのピラミッドの中で一番美しいと言われる「エル・カスティーヨ(城塞)」。マヤの最高神ククルカンを祀っており、高さ24mの9段の階層の上に高さ6mの四角い神殿がそびえ立っています。階段は合計で365段、また9段の階段は18に分割されるためマヤ暦の18ヵ月365日を表しています。また年に2回、春分の日と秋分の日に沈む太陽がピラミッドを照らす様子がククルカンの胴体(巨大な蛇)に見えることから、その日はククルカンが舞い降りる日だと信じられていました。この現象は偶然ではなく高度な天文学の知識によって設計されたものだと考えられ、新世界七不思議とも言われています。またこちらにある泉「セノーテ」は、干ばつが続くと子どもや女性が投げ込まれたという生贄の泉であり、こちらも観光地として有名。生贄文化の名残とマヤ文明の神秘を感じられるとても貴重な遺跡です。

ガラパゴス諸島/エクアドル

ガラパゴス諸島/エクアドル

エクアドルの西、赤道直下の太平洋に浮かび東西に260km、南北に200kmに渡る大きな海域に浮かぶ123の火山島です。「ガラパゴス」とはスペイン語で馬の鞍という意味がありますが、馬の鞍に似た甲羅をもつゾウガメからきたと言われています。1995年(平成7年)にスペイン人の航海の途中で島が発見され、その後著名な自然科学者チャールズダーウィンが、島ごとに甲羅の大きさや形が違うゾウガメからヒントを得て「進化論」を着想し、「種の起源」を著したという有名なエピソードもあります。このようにどの大陸からも隔離されたガラパゴス諸島が、島ごとの環境に合わせて独自に進化したことはとても貴重であり、1978年最初の世界遺産にも登録されました。現在ガラパゴス観光には公認ガイドの同行が必須で、ホテルからの日帰りツアーや数泊かけてのクルーズ船などが一般的です。空港があるサン・クリストバル島やバルトラ島からクルーズは出港しており、ガラパゴス島でもっとも美しい瞬間と言われる夕日と朝日をどちらも楽しむことができるため、とても人気があります。時間はかかりますがぜひたくさんの島をまわって、ガラパゴス固有のユニークな動物たちとの出会いを楽しむのもおすすめです。