施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の観光施設(旅行)情報を無料で検索できます。

ホームメイト観光施設(旅行)リサーチ

観光情報

ニュージーランド・パラオの世界遺産



ニュージーランドとパラオの世界遺産を紹介します。

テ・ワヒポウナム-南西ニュージーランド/ニュージーランド

テ・ワヒポウナム-南西ニュージーランド/ニュージーランド

ニュージーランド南西部に位置する自然地帯で、4つの大きな国立公園と保護区からなるとても広大な地域です。ニュージーランド最高峰、標高3,724mの「マウント・クック」もあり、様々なトレッキングコースが用意されています。平坦な谷を歩く手軽なコースもあるので気軽に挑戦してみるのも良いでしょう。またマウント・クックは他の国では標高2,000m以上でしか見られないような氷河を標高1,000m程の場所で見られる珍しい山だと言われています。また、ニュージーランドを代表する有名な観光スポット「ミルフォード・サウンド」もあります。海面にそそり立つ山々、深く切れ込む谷など、原始のまま残るニュージーランドの大自然に圧倒されること間違いありません。絶景を間近で眺めることのできる遊覧船や遊覧飛行が人気で、近くの都市クイーンズランドから日帰りツアーなどが開催されています。遊覧船ではひなたぼっこをするオットセイに出会えることもあります。

トンガリロ国立公園/ニュージーランド

トンガリロ国立公園/ニュージーランド

北島中央部に位置し、ニュージーランドで一番初めに指定された国立公園で、世界複合遺産にも指定されています。標高2,000m以上の高山地帯であり、夏はトレッキング、冬はスキー場として賑わっています。活発な火山活動が行なわれている山としても有名で、火山湖や大きなクレーターを見ることもできます。「トンガリロ」という名前はマオリの伝説からきており、願いが南風に乗って神に届いたことから「南風(トンガ)で運ばれる(リロ)願い」で、トンガリロと呼ばれるようになったとのこと。トンガリロで楽しめるアクティビティは定番のトレッキングやスキー以外にもランギチケイ川の激流を下るラフティングやワンガヌイ川を渡るカヌー、未舗装の山道を駆け抜けるマウンテンバイクツアーや小型セスナで公園を上空から楽しむツアーなど本当にたくさんのアクティビティがあります。ベストシーズンは夏にあたる1~2月ですが、高所にある公園内の天気は突然崩れることも多いので雨具や防寒具は必ず用意をし、装備も万端にして出かけましょう。

南ラグーンのロックアイランド群/パラオ

南ラグーンのロックアイランド群/パラオ

パラオ共和国コロール州にある、古代のサンゴ礁が隆起してできた445の島々がロックアイランド群です。そのあまりの美しさに「神様が残した最後の楽園」とも言われており、絶景の自然美はもちろん、固有種の多い生態系や生物の多様性、考古遺跡などが評価されパラオ発の世界遺産(複合遺産)に登録されています。観光地としても人気があり、サンゴの恵みと1,000種類を超える数多くの海の生き物たちに出会える美しい海はダイビングにもピッタリ。「ブルーホール」、「ジャーマン・チャネル」といった世界屈指のダイビングスポットが世界中のダイバーを虜にしています。ダイビングができない人でも楽しめるのがシュノーケリングやカヌー。浅い海が多いので子どもでも楽しめ、日本では見られないカラフルなパラオならではの固有の魚たちに触れる絶好のチャンスです。滞在の拠点となる島は、宿泊施設が多くパラオで一番大きな都市であるコロール島、リゾート島であるバベルダオブ島、べサン島、マラカル島があります。どこの島でもアクティビティは楽しめますが、やはりパラオの中心地であり、一番賑やかなコロール島は訪れておきたいスポットです。