ご希望の観光施設(旅行)情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト観光施設(旅行)リサーチ

観光情報

オーストラリアの世界遺産(2)



オーストラリアの世界遺産を紹介します。

タスマニア原生地域/オーストラリア

タスマニア原生地域/オーストラリア

タスマニア州西部にある世界遺産にも登録されている原生林地域です。タスマニア州は4分の1の州土が国立公園になっており、その多くが世界遺産になっています。そんなタスマニアは、世界で最もピュアな場所だと言われており、雨水や湖の水でさえミネラルウォーターとして飲むことができます。中でも有名な国立公園はクレイドル山のある「セント・クレア湖国立公園」。こちらも世界遺産に登録されている山岳地帯で、トレッキングコースが多彩です。12月~2月にかけて「タスマニアワタラ」をはじめとする美しい花々が咲き乱れ、世界中から多くのトレッカーが訪れます。公園内にはロッジがあり、夜になると野生のポッサムなどタスマニア固有の生物を間近で見ることができるところも魅力。他にも「フランクリン・ゴードン渓流国立公園」や「サウスウエスト国立公園」など人気の国立公園がたくさんあります。タスマニア観光では大自然の素晴らしさを実感するためにも、長めの予定を取ってゆっくりと滞在することをおすすめします。

グレーター・ブルー・マウンテンズ地域/オーストラリア

グレーター・ブルー・マウンテンズ地域/オーストラリア

シドニーの西にある森林地域のことで、いつも多くの人が訪れる人気の高原避暑地です。2000年に世界遺産にも認定されました。ユーカリの木のオイルが太陽の光に当たり、山が青く輝いて見える様子から「ブルーマウンテンズ」を名付けられました。大都会シドニーの近くにあるにかかわらず、都会とはまったく異なったもうひとつのオーストラリアを見せてくれるところでもあります。鉄道で訪れる際の最寄駅は「カトゥーンバ駅」。シドニーから約2時間で到着するので日帰りで訪れる人も多いですが、駅周辺には宿泊施設も整っておりゆっくりと滞在したい人も安心して訪れることができます。注目はアボリジニ伝説の残る奇石「スリー・シスターズ」。魔王から娘を守ろうとした父親が魔法の杖で3姉妹が石に姿を変えましたが、その後杖を無くしてしまいもとに戻せなくなった、という悲しい伝説が有名です。また、オーストラリアのグランドキャニオンと呼ばれる「ジャミソン渓谷」や「カトゥーバの滝」などブルーマウンテンズは多様な景色に溢れ、見どころはたくさんあります。

シドニー・オペラ・ハウス/オーストラリア

シドニー・オペラ・ハウス/オーストラリア

シドニーの代表的な観光施設のひとつで、1957年(昭和32年)に国際コンペで当選したデンマークの建築家ヨーン・ウツソンのデザインです。特徴的で珍しい見た目なため建築はとても難航し、巨大な費用と14年もの歳月をかけてついに1973年に完成しました。20世紀を代表する建築物だと言われており、最も年代の新しい世界遺産(文化遺産)としても登録されています。建物の内部は、世界最大の機械式パイプオルガンのある「コンサートホール」、「オペラシアター」、「ドラマシアター」、「プレイハウス」、「ザ・スタジオ」などがある舞台芸術の総合施設となっています。時間があれば実際に観劇を楽しむことが一番ですが、日程が合わない場合は館内の主なシアターを案内してくれる見学ガイドツアーに参加してみるのも手。また、オペラ・ハウスは中身だけではなく、ヨットの帆を思わせるような独創的な外観も特徴的です。シドニーハーバーブリッジにオペラ・ハウスを重ねて見ることのできる「ミセス・マックォリーズ岬」は絶景スポットとして人気があります。