施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の観光施設(旅行)情報を無料で検索できます。

ホームメイト観光施設(旅行)リサーチ

観光情報

カナダの観光スポット



カナダの観光スポットを紹介します。

ナイアガラの滝/カナダ

ナイアガラの滝/カナダ

アメリカとカナダの国境に位置する五大湖の中の、エリー湖とオンタリオ湖の間をナイアガラ川が流れており、その中間地点にあるのが「世界三大瀑布」に数えられるナイアガラの滝です。アメリカ滝、カナダ滝、ブライダルベール滝の三つから構成されており、アメリカ・カナダの両国から見ることができます。

しかしより眺望が楽しめるのがカナダ側です。カナダ滝のすぐ西隣の展望台「テーブルロック」からは、滝の豪快な広がりが目の前でご覧頂けます。圧倒的な水量が崖の下へいつまでもいつまでも落ちていく様子は、圧巻です!またテーブルロックのウェルカムセンターからエレベーターで地下に下りて、滝の裏側や真横まで行けるアトラクション「ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ」はさらに豪快。滝の雷のような轟音を体で感じて楽しめます。

また、「スカイロン・タワー」の高さ236mの展望台から見下ろすナイアガラの滝の全貌は、絶景!奥からゆったりと流れてくるナイアガラ川が、崖にさしかかり激しい滝へと変化し、さらに下流へと流れていく様を一望できる贅沢な眺望です。

バンフ国立公園/カナダ

バンフ国立公園/カナダ

1988年冬季オリンピックの開催地であるカナダ南西部の街・カルガリーの西、カナディアンロッキー山脈に、カナダで最初の国立公園があります。それがバンフ国立公園です。世界自然遺産に登録されている「カナディアンロッキー山脈自然公園群」の一部であり、切り立った3,000m超の山々と美しい湖水の風景で名高い地域です。

国立公園の名前にもなっている町・バンフはスキーリゾートの拠点や温泉保養地として知られていますが、夏のトレッキングやカヌーイングを楽しみに来訪する観光客が増えています。しかしバンフ国立公園の一番の見どころは、何と言っても雄大で静謐な大自然のパノラマです。頂に万年雪を抱いたカナディアンロッキーの名峰の数々に、個性豊かな湖、針葉樹林や高山植物、それに野生の動物たち。どこを切り取っても絵はがきのような美しい風景を存分に楽しめます。

アクティブに楽しみたい人も、絶景を求めたい人も、雄大な自然に身を置きたい人も、それぞれに楽しめるスケールの大きい国立公園です。

CNタワー/カナダ

CNタワー/カナダ

カナダ最大の都市トロントにそびえるのが、高さ553.33mのCNタワーです。東京スカイツリー、広州塔に次ぐ世界で3番目に高い自立式建築物で、トロントの人気観光スポットです。電波塔としての役割の他、観光用展望タワーでもあり、展望台は地上342mから447mにかけて4ヵ所設置されています。

地上351mにある「360レストラン」は、1時間かけて360度回転する展望レストラン。オンタリオ湖の眺めやダウンタウンの整然とした街並、ウォータフロントの美しい眺望がすべて味わえます。予約が必要ですが、ぜひ訪れてみたいスポットです。また、スリルを楽しみたい方には、タワー展望台の屋根部分を歩く「エッジ・ウォーク」がおすすめ。地上365mの屋根の外周を、ハーネスを着用して歩きます。

さて、日本でも特にメジャーリーグファンの方には有名なCNタワー。その理由は、タワーの麓にはトロント・ブルージェイズの本拠地球場「ロジャース・センター」があり、そこからの野球中継の画面にもCNタワーの巨大な姿が映し出されているからです。