ご希望の観光名所/旅行/温泉/レジャー情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
観光名所/旅行/温泉/レジャー
トップページへ戻る
トップページへ戻る

観光情報

フランスの観光スポット



フランスの観光スポットを紹介します。

モンサンミッシェル/フランス

モンサンミッシェル/フランス

モンサンミッシェルはフランス西海岸・ノルマンディー南部のサン・マロ湾に浮かぶ岩山の上の修道院で、世界文化遺産にも登録されています。海上にそびえ立つ幻想的で崇高なその姿から「西洋の驚異」とも呼ばれ、世界中から観光客が訪れる一大巡礼地です。山頂の修道院まで続く細く曲がりくねった参道「グランド・リュ」の佇まいは、古きヨーロッパの趣の中に多くのお土産屋や飲食店が軒を連ね、巡礼地でありながら賑やかに楽しめます。

サン・マロ湾は干満の差が激しく、もとは満潮時にはモンサンミッシェルは完全な孤島となり、干潮時には陸続きになっていました。1877年に本土との間に堤防道路が造られていつでも島へと渡れるようになりましたが、近年、この堤防道路がサン・マロ湾の潮流をせき止めてしまうことにより本来のモンサンミッシェルの姿から徐々に離れていくことが危惧されるようになり、そのため堤防道路を廃止して、潮流を妨げない新たな橋が2014年に架けられました。これは、モンサンミッシェルの景観が未来でも引き続き愛されていくための貴重な進歩です。

エッフェル塔/フランス

エッフェル塔/フランス

パリの象徴的な建造物と言えば、エッフェル塔。高さ324mの巨大な塔は、都市景観を守るために高層建築を規制しているパリ市内のどこからでも見ることができ、反対にエッフェル塔展望台からのパリの街並の眺めは、遮るものがないためにまさに一望できます。地上57m、115m、276mの3ヵ所に展望台があり、高さによって街の美しさの趣が違って見えます。放射状に広がる直線的な街路、高さの揃った街並、そしてゆったりと流れるセーヌ川…。どこをとっても絵はがきのように美しい光景を楽しめます。

現在ではすっかりパリの顔となったエッフェル塔ですが、1889年のパリ万博の出展作品として建設された当初は、他に類を見ない奇抜なフォルムが特に芸術家から多く批判されたとのこと。設計者であるギュスターヴ・エッフェルはこれに対し、「この塔は人類史上最高の建造物となるだろう」と反論したと言われています。エッフェルの言葉通り、それ以降エッフェル塔をモデルにしたタワーが世界各地で建造されるようになりました。もちろん、東京タワー名古屋テレビ塔など、日本国内でもエッフェル塔を模した塔が多く建てられています。

凱旋門(がいせんもん)/フランス

凱旋門(がいせんもん)/フランス

エッフェル塔と並ぶパリの象徴的観光スポットが、凱旋門です。1805年のアウステルリッツの戦いに勝利したナポレオン・ボナパルトが戦勝記念として建築を命じたもので、1836年に落成しました。そもそも「凱旋門」とは戦争で勝利を収めた軍隊や将軍たちが母国へ帰る凱旋式を行なう記念に建てる門を指すもので、古代ローマ帝国時代からあった建造物でした。そのためパリの凱旋門は正式には、エトワール広場に建てられたものなので「エトワール凱旋門」と呼びます。

このエトワール広場には放射状に12本の道路が集まっており、その中心に凱旋門が建っています。門の周りはロータリーとなっていてかなりの交通量がありますが、シャンゼリゼ通りからの地下通路を通って門まで行くことができます。高さ50mの屋上へ上れば、眼下に広がるのはパリのパノラマ。高さの揃った古い建物の街並が、放射状の道路によって整然と区切られている様子は、まるでホールケーキを切り分けたような美しさです。外から眺める凱旋門も、凱旋門から眺めるパリの街並も、世界中の観光客を虜にしています。