ご希望の観光名所/旅行/温泉/レジャー情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
観光名所/旅行/温泉/レジャー
トップページへ戻る
トップページへ戻る

観光情報

タイ・シンガポールの観光スポット



タイとシンガポールの観光スポットを紹介します。

ワットポー/タイ

ワットポー/タイ

ワットポーはタイの首都バンコクにある王室寺院です。正式名称は「ワット・プラチェートゥポンウィモンマンカラーラーム=ラーチャウォーラマハーウィハーン」ととても長く、これは名前が長く複雑である程寺院の箔が付くと考えられたことが理由です。

アユタヤ王朝末期のプラペートラチャ王時代(1688~1703年)に建てられたバンコクでも最大で最古のこのお寺の見どころは、何と言っても巨大な涅槃仏。右ひじをついて横たわった涅槃仏は、高さ15m、長さは46m。全身が金箔で覆われており、実際に見るとそのスケールに圧倒されます。

また、ワットポーはタイの古典医療の拠点としても知られています。19世紀、チャクリー王朝の王ラーマ3世は寺院を訪れる人々に当時の最高の知識を得てもらうために、医学や占星術・仏教教理・歴史・芸術などの有識者に命じて庶民にも分かりやすい絵や文での解説を寺院の壁や柱に描かせました。そのうちのタイ医学、特にマッサージに関する知識が後世まで残されたため、今ではワットポーはタイ古式マッサージの総本山として有名になりました。

プーケット島/タイ

プーケット島/タイ

タイ南部、アンダマン海に浮かぶ世界有数のリゾート・プーケット島。エメラルド色の海と白い砂浜のコントラストが美しく「アンダマン海の真珠」と呼ばれています。アンダマン海はアンダマン諸島・ニコバル諸島によりインド洋と区切られた穏やかな海域のため、美しいビーチに恵まれており、ダイビングやクルージングといったマリンスポーツが人気です。プーケット島はその観光の中心地であり、個性が様々なビーチを楽しめるタイ最大の観光スポットです。

マリンスポーツ施設やホテル・飲食店が充実しており昼も夜も楽しめるパトンビーチ、国立海洋公園内にありサンゴ礁が見える沖でのシュノーケリングやキャンプなどのワイルドライフが満喫できるナイヤンビーチ、約3kmものロングビーチであり「鳴き砂」の音も楽しめるのんびりとしたカロンビーチ、カロンビーチの南側にありこぢんまりとして美しいカタビーチなど、お好みの楽しみ方が見付けられるビーチリゾートです。また、プーケット島の周りの数々の離島へ足を伸ばすのもおすすめ。昔ながらの自然が豊かに残る南国風情を、ゆったりと楽しむことができます。

マーライオン公園/シンガポール

マーライオン公園/シンガポール

アジアの貿易拠点国として経済発展が著しいシンガポール。この国の象徴が、ライオンの頭と魚の体を持つ伝説の動物・マーライオンです。

シンガポール島の南部、街の中心部のシンガポール川河口にあるのが、マーライオン公園です。真っ白なコンクリート製で口から水を吐いているマーライオンの高さは8.6m。夜にはライトアップされるため、昼夜問わずその美しい姿を楽しむことができます。海に向かって立っている姿を正面から見られるように桟橋が設けられているので、絶好の撮影スポットになっています。

このマーライオン公園に立つマーライオンは、実は「お母さん」であり、お父さんはシンガポール島の南に浮かぶ観光地・セントーサ島に立っている高さ37mの「マーライオンタワー」です。こちらの内部には登ることもでき、マーライオンにまつわるシンガポールの歴史が日本語字幕付きのアニメでご覧頂けます。さらに夜にはマーライオンの目からビームが発光。「お父さん」も夜でも楽しめるマーライオンです。