ご希望の観光施設(旅行)情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト観光施設(旅行)リサーチ

観光情報

注目の観光施設「グリーンツーリズム
発祥の地・安心院(大分県)」



滞在型の都市農村の先進地であるヨーロッパに学び、早くから独自のグリーンツーリズムを確立した「安心院(あじむ)」。今、大学も巻き込んだ新しい農業の技術革新も進められており、グリーンツーリズム観光の注目のスポットです。

安心院から始まったグリーンツーリズム

安心院から始まったグリーンツーリズム

大分県北部の山あいの盆地に位置する宇佐市安心院町は、米とぶどうの生産が盛んな農村であり、"グリーンツーリズム発祥の地"と呼ばれています。安心院町では、昭和40 年代から国営の開拓パイロット事業により、大規模なぶどう畑の開拓が行なわれ、一時は西日本一の生産面積を誇るほどに発展しますが、生産者の高齢化に伴い、耕作地が減少、担い手不足が深刻になります。そんな中、1992年に大分県の担当者と安心院の農家8 人が「アグリツーリズム研究会」を発足させ、"ぶどうの町・安心院"としての灯が消えないように、都市(消費者)と対等に手を結ぶ方法を模索したのが、全国に先駆けて「農村民泊」に取り組んだグリーンツーリズムの始まりです。

泊まれば親戚。"安心院流農家民泊"

安心院のグリーンツーリズムの特徴は、一般の農家が観光客を受け入れるために「会員制度」を導入しているところです。しかも、原則は、農家に民泊する観光客は一日一組で、"親戚"として農作業の手伝いや田舎料理を一緒につくるなど、安心院ならではの宿泊を体験することができます。こうした安心院の農家民泊は、「安心院方式」とも呼ばれ、「1回泊まれば遠い親戚、10回泊まれば本当の親戚」と考え、観光客を普段の暮らしの中で自然に受け入れてくれるのが、安心院流グリーンツーリズムの魅力です。

気候変動の影響を観測する「安心院プロジェクト」

安心院には、グリーンツーリズムを楽しむ、もうひとつの魅力があります。別府市にある立命館アジア太平洋大(APU)の学生が、安心院のぶどう農家やワイン醸造業者らと連携し、「気候や風土が、ワインの味にどんな影響を与えるのか」という研究を行なっています。この「安心院プロジェクト」のもと、ぶどう園にはマイクロ気候情報や土の変化、植物の反応をリアルタイムに観測するための高感度センサーが設置されているのです。こういった、農業における先進的な取り組みに触れられるのも、安心院グリーンツーリズムの魅力です。