施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の観光施設(旅行)情報を無料で検索できます。

ホームメイト観光施設(旅行)リサーチ

観光情報

アドベンチャーに挑む体験型の旅行



「冒険心」をくすぐる各種アドベンチャー旅行は、コアなファンが多く、国内外問わず、根強い人気を誇っています。迫力の大自然を冒険心を持って探検するアドベンチャー、自然をうまく生かしレジャーとして「冒険の森」を楽しむアドベンチャー、それぞれ趣の違う2つのアドベンチャーを紹介しましょう。

秘境西表島・由布島(ゆぶじま)」アドベンチャーコース

秘境西表島・由布島(ゆぶじま)」アドベンチャーコース

「西表島(いりおもてじま)」は、沖縄県八重山諸島にある島で、沖縄県では本島の次に大きな島。島の90%を覆う亜熱帯のジャングルが海岸線近くまで迫っており、平地はほとんどありません。また、大小合わせて40以上の川があり、河口から10kmあたりまでの海水と淡水が混じる汽水域には広大なマングローブ林が広がっています。天然記念物の「イリオモテヤマネコ」をはじめ、「カンムリワシ」、「キシノウエトカゲ」や「セマルハコガメ」などの珍しい動物が生息する奥深い自然の宝庫です。そしてこの西表島から400mほどの距離にあるのが、周囲約2Km足らずの小さな島「由布島(ゆぶじま)」です。この2つの島を舞台に、冒険気分満点のアドベンチャーコースが設定されています。亜熱帯ジャングルを奥へ奥へと足を踏み入れる心躍る探検コースで、浦内川ボート遊覧やマイナスイオンに満ちた山道を行くジャングルトレッキングを楽しみながら、日本の滝100選にも選ばれた「マリュドゥの滝」へ。その後、西表島を巡り、水牛車で由布島へと渡ります。ガイド付きのツアーで豊かな自然を巡るアドベンチャーを楽しみましょう。

日本版"冒険の森"フォレストアドベンチャー

フランス発祥のアウトドアパーク「冒険の森」の日本版が、今、日本各地に続々と誕生しています。これは、フランス語では「La foret de l'aventure(ラ・フォレッ・ドゥ・ラヴォンチュール)」と呼ぶのですが、日本人にはなかなか難しい発音のため、英語での名称「フォレストアドベンチャー」として展開されているものです。フォレストアドベンチャーの特徴は、自然の立ち木をそのまま利用してコースにしていること。木の上につくられたプラットホームと呼ばれる足場に登り、そこから別の木へと空中移動していきます。いわば、木登り、木渡りを、装具を付けて大々的にやるような感覚です。標準的なコースで35~40のアクティビティがあり、所要時間は個人差がありますが、2~3時間楽しむことができます。

2006年に富士山麓の標高1,100mの森に、日本第一号のパークがオープンして以来、現在(2013年7月)までに13のパークが誕生しています。