ご希望の観光施設(旅行)情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト観光施設(旅行)リサーチ

観光情報

旅行でパワーをもらおう
「パワースポット(1)」



近年話題を呼んでいる「パワースポット」は、旅先としても、人気急上昇中です。しかし、行くと良いことがありそうとは思うものの、いったいどういう場所をパワースポットと呼び、パワースポットではどうすればいいのか?と、クエスチョンを抱えたままの人もいるのではないでしょうか? そこでパワースポットについて、少し整理して、考えてみましょう。

パワースポットとは?

「癒し」や「充電」を感じられるところ

「癒し」や「充電」を感じられるところ

実のところ、パワースポットに明確な定義はありません。訪れた人が「癒された」あるいは「充電できた」と感じる、不思議なパワーや「気」が漂っている場所が、パワースポットだと言われています。

長く繁栄する「神社」や「仏閣」

江戸時代にもパワースポット信仰のようなものはあったようで、神聖な場所・清浄な場所・神や仏が宿るところ・草木が育つ元気の出る場所のことを「弥盛成地(いやしろち)」と呼んでいました。今、日本でパワースポットと言われている場所は、長く繁栄している神社仏閣が多いのですが、これは、時の権力者たちが、風水などを活用して、もともとパワーの強い地を選んでそこに神社仏閣や自身の霊廟を建てたことと無関係ではないようです。

大地のエネルギーがあふれているところ

また、日本人は古来、島や山などをひとつのご神体と考えてきたことが全国各地で見られます。「霊峰」「霊山」など豊かな自然そのものをも崇め、畏れの対象としてきたのです。つまり、大地のエネルギーがあふれているところもまた、パワースポットです。

パワースポットではどうすればいいか?

とにかく身を委ねましょう

パワースポットでは、何か御利益を得たいとやっきになるのではなく、まずは、心を無にしてその場所の持つ不思議なパワーに身を委ねることです。そうして、その場所の「気」や「癒し」のパワーを感じることができれば、それがあなたに何らかの影響を与えてくれるのではないでしょうか。

訪れる前にしておきたいこと

話は前後しますが、その場所の不思議なパワーに身を委ねるために、その場所についての知識はできれば事前に得ておきたいもの。その地に思いを寄せることで、やはりパワーを感じやすくなるということはあるようです。