ご希望の観光名所/旅行/温泉/レジャー情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
観光名所/旅行/温泉/レジャー
トップページへ戻る
トップページへ戻る

観光情報

古来日本が楽しめる観光施設
「明治時代~昭和時代」



日本が近代化への歩みをスタートさせた明治時代、大正ロマンという言葉も生まれた大正時代、そしてほんの少し前のことなのに、振り返るとなぜか懐かしい気持ちになる昭和という時代。それぞれの時代を「明治村」「大正村」「昭和村」という形で私たちに見せてくれる観光スポットを紹介しましょう。

博物館 明治村(愛知県)

博物館 明治村(愛知県)

博物館「明治村」は、愛知県犬山市にある、全国の明治時代の貴重な建造物を保存する目的でつくられた野外博物館です。はるばる北海道から移築された札幌電話交換局、京都聖ヨハネ教会堂、東山梨郡役所、三重県庁舎、東松家住宅、呉服座、東京で森鴎外と夏目漱石の両文豪がくしくも相前後して住み、数々の名作を残した由緒ある住宅などの建物、日本初の市電である京都市電など、現在、67件もの建造物を、広大な100万㎡の敷地に、保存・展示しています。重要文化財に指定されている建物は10棟あり、どれも本物の輝きを放っているだけに見どころはたくさん。また明治時代の街並みが見事に復元されていることから、映画やドラマの撮影に使われることもしばしばあります。

この明治村では、次の2つの体験をぜひ。一つ目は、入村方法。実は、この明治村、蒸気機関車で入村できるのです。明治村北口が蒸気機関車の駅舎にもなっており、その駅名は「東京駅」。蒸気機関車は、ここから村内中央にある「名古屋駅」に向けて30分おきに運行されています。わずか5分の乗車時間ながら、蒸気を出しながらゆっくりと進む漆黒の車体の中に身を置くと、まさに本物の明治時代へ向けて走っているかのよう。そうして「名古屋駅」で下車したら、旧帝国ホテル中央玄関へ。これが二つ目のおススメです。旧帝国ホテル中央玄関は大正時代の建物ですが、当時、皇居正面に建てられていた帝国ホテルは、これまでの平面的な空間から、立体的な空間を構成する建物として、近代日本の建築方法を大きく変化させた重要な建造物です。その本物の玄関部がここにあるのです。ホテル内部を見学したあとは、2階にある喫茶室で本格的なアフタヌーンティーを。ビール党には、明治時代のラベルが印刷されたアルトタイプのビールもあります。あとはゆっくり、村内を楽しみましょう。

日本大正村(岐阜県)

「日本大正村」は、岐阜県恵那市明智町(当時恵那郡明智町)に、1984年に立村(大正村の建設を宣言)し、1998年に正式に開村した、「大正」という時代をテーマにしたテーマパークです。しかし、この大正村には、購入した入場券を渡して入るゲートはどこにもありません。実は、「明智町」という実在する町そのものが「日本大正村」なのです。

大正時代を楽しむ主な拠点として、大正ロマン館、大正村役場、大正村資料館、おもちゃ資料館、大正時代館などがあり、わずか15年という短い時代ながらも、「大正ロマン」という言葉に代表されるように、19世紀を中心にヨーロッパで展開した精神運動であるロマン主義の影響を受け、個人の解放や新しい時代への理想に満ちた風潮が漂っていた時代の風が、日本大正村を歩くと感じられます。

そういった風を感じるとともに、日本大正村の魅力は、ボランティアの案内人たちとの触れ合いにもあります。もともと明智町には、「ちょっとおんさい、よっとくんさい(ちょっと来て、寄って下さい)」とあいさつを交わす習慣があり、自然発生的に町の人たちによるボランティアガイドが生まれており、今も、住民たちが、村の建物を説明したり、案内したりするといった形で観光客を出迎えてくれます。また、日本大正村を運営する実際の実務も住民たちによる無償のボランティアで行なわれており、それが大学の研究者たちから高く評価され、大正時代に関係する資料が次々集まっているのです。

ちなみに、この日本大正村の村長は、初代が女優の高峰三枝子さん。現在は同じく女優の司葉子さんが二代目村長を務めています。

日本昭和村(岐阜県)

「はじめて訪れても 懐かしさをおぼえる 日本のふるさと」というキャッチフレーズで運営されているのが、岐阜県美濃市にある「日本昭和村」です。戦後の復興に向かい、日本人が力強く生きていた昭和30年代をテーマに、その時代の面影を色濃く残る建物が移築・復元され、その中で、懐かしい昔の遊びや、オルゴールづくり、籐のクラフト体験などが楽しめます。また、昭和初期の日本の大きな産業であった養蚕の様子を見ることができる「かいこの家」もあります。ここで昭和の語り部の話を縁側やいろり端で聞いたり、春から夏にかけては、実際に蚕を飼育しているので、その様子を見ることができます。日本昭和村のイベントホールである芝居小屋と映像館「昭和座」では、土日祝日にはいろいろなイベントも開催されています。昭和を知る人も、昭和を知らない人も、日本の原風景を感じることができるスポットです。