ご希望の観光施設(旅行)情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト観光施設(旅行)リサーチ

観光情報

古来日本が楽しめる観光施設
「旧石器時代~弥生時代」



実際に、人々がこの日本に住み始め、狩猟から稲作へと歩みを進めた時代へタイムスリップできる観光スポットを紹介しましょう。

与那国島の海底遺跡(沖縄県)

与那国島の海底遺跡(沖縄県)

沖縄県の最南端。黒潮の激流がつくりあげた素晴らしい自然と多様な文化が色濃く息づいている与那国。この新川鼻沖の海底にあるダイビングポイントの海底遺跡が、古代人工物の可能性があるのではと言われ、専門家の調査が進められている注目のスポットです。

伊茶仁カリカリウス遺跡(北海道)…縄文時代

北海道標津町にあるポー川史跡自然公園。この中に、「伊茶仁(いちゃに)カリカリウス遺跡」があります。この遺跡には、約1万年にも及ぶ長い歳月の間、多くの人が生活していた痕跡が残されています。それは、窪みとして見える竪穴住居(古代の人々が生活した半床式の住居)跡の存在によってです。その数は、現在までわかっているだけで何と約2500軒にも上ります。1つの遺跡の竪穴軒数としては日本一の数で、さらに周囲の遺跡群を加えると約4,400軒もの竪穴住居跡が発見されており、窪みがすでに埋まってしまったために地表面で確認できない竪穴もあり、実際にはこの倍以上の数が存在したのではないかと推測されています。

また、「伊茶仁カリカリウス遺跡の森」では、約千年前に知床半島一帯に広がったトビニタイ文化の竪穴住居が復元されています。

三内丸山(さんないまるやま)遺跡(青森)…縄文時代

青森市にある「三内丸山(さんないまるやま)遺跡」は、縄文時代前期から中期(7000年~5500年前)にかけて定住生活が営まれた大規模な集落跡です。三内丸山遺跡は、竪穴住居、成人用土抗墓(どこうぼ)、小児用甕棺墓(かめかんぼ)、掘立柱建物、盛り土、捨て場、粘土採掘穴、貯蔵穴、道路などが計画的に配置されており、公開されているだけで約5万㎡もあります。建物跡や住居跡も見ることができ、中でも直径2mの柱穴が6個並ぶ大型掘立柱建物跡は必見です。また、日本最多の1,600点を超える出土品の中から、土偶や土器、ヒスイなどの装身具も展示。ボランティアによる定時の遺跡案内もあります。

吉野ヶ里遺跡(吉野ヶ里歴史公園)(佐賀県)…弥生時代

佐賀県吉野ヶ里にある「吉野ヶ里遺跡」は、弥生時代の遺跡の中でも日本最大の遺跡です。「クニ」と呼ばれた弥生時代の中心的な集落の全貌や、弥生時代600年間の変遷を知ることができ、ロマンあふれる日本の古代の歴史に触れられる貴重な資料や情報が展示されています。特に、階層の高い人たちが暮らしていた南内郭や「クニ」のまつりごとをつかさどった北内郭からなる「環壕集落ゾーン」は、まさに日本の様子を記した最古の記録である『魏志倭人伝』に出てくる「邪馬台国」の時代を彷彿とさせるものです。また、さまざまなレクリエーションが楽しめる「古代の原ゾーン」もおススメです。

原の辻一支国王都復元公園(長崎県)…弥生時代

長崎県壱岐市にある「原の辻一支国王都復元公園」。『魏志倭人伝』に記された「一支国」の王都とされています。多重の濠で囲まれた集落や東アジアで最古の船着場が発見されており、「登呂遺跡」(静岡県)、「吉野ヶ里遺跡」(佐賀県)と並ぶ弥生時代の重要な遺跡です。園内には原の辻の集落が復元されています。また隣接する場所に、原の辻の四季をテーマにした博物館「原の辻ガイダンス」があり、ここでは発掘に使用した道具や発掘品の見学の他、土器作り・火起こし・勾玉づくりなどの体験もできます。