ご希望の観光名所/旅行/温泉/レジャー情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
観光名所/旅行/温泉/レジャー
トップページへ戻る
トップページへ戻る

観光情報

東海・甲信越エリアの観光施設を巡る
「乗鞍岳」



海外に行かずとも、魂を揺さぶられる絶景が日本にもあります。東海・甲信越エリアからは、「雲海へ続く道」です。

【乗鞍岳】雲海へ続く、乗鞍の道(長野県・岐阜県)

【乗鞍岳】雲海へ続く、乗鞍の道(長野県・岐阜県)

北アルプス・中部山岳国立公園の南端にあり、岐阜県と長野県の県境にそびえるのが、3,000m級の峰がいくつも連なる高山「乗鞍岳」です。主峰「剣ヶ峰」(3,026m)をはじめとする23の峰と7つの湖、そして8つの平原を持つ大火山で、日本の火山の中では富士山、御嶽山に次ぎ3番目の高さ。山頂域では、眼下に絶景の雲海が広がります。

しかし、そんな高山であっても、乗鞍岳は決してアルピニストのためだけのものではありません。標高2,700m付近まで交通手段があるため、日本で最も容易に登頂できる3,000m級の山であり、多くの人が大自然の営みの素晴らしさを体感できる山なのです。

ルートは2つ。マイカー規制あり。

乗鞍岳山頂方面への交通機関としては、長野県側の乗鞍高原から乗鞍エコーライン(長野県道乗鞍岳線)を使うルートと、岐阜県平湯から乗鞍スカイライン(主要地方道乗鞍公園線)で入るルートの2つがあります。

いずれも、2003年より、乗鞍岳の自然環境保護と交通渋滞対策のため、全シーズンにわたりマイカー規制が行なわれており、マイカーで行く場合は、途中の駐車場でシャトルバスまたはタクシーへの乗り換えが必要です。

また、冬季は雪のため両道路とも閉鎖されます。毎年、それぞれ安全性を確認した上での開通期間がありますので、旅行の計画を立てる前に問い合わせるのが賢明です。

登る途中、ぜひ観賞してほしいのが、天上へ行くにしたがい表情を変えていく木々たち。例えば、乗鞍エコーラインを上って行くと、標高1,600m付近で美しい白樺並木が針葉樹林やダケカンバ林に変わります。そして標高2,500mを超えると視界がパッと開け、一面ハイマツの低木林に。不思議な世界に迷い込んだかのような光景です。

交通機関で行ける日本最高所「畳平」

乗鞍エコーラインと乗鞍スカイライン双方の終着点が、標高2,702mに開けた展望の名所「畳平」です。そう、ここが交通機関で行ける日本最高所。宿泊施設もあり、ここを起点に剣ヶ峰などの山頂を目指すことができます。

また畳平は、自然史の生き証人とも言える高山植物の宝庫。運が良ければ、国の天然記念物であり氷河期からの遺存種である「ライチョウ」にも出会えるかもしれません。

そして、乗鞍山頂簡易郵便局から郵便を投函するのもおススメです。郵便物には日本最高点の郵便局の消印が押してもらえ、ここから発送される郵便物は高い山の冷気を下界に運んでくるとして人気があります。料金はもちろん通常と同じです。

"雲海"と"ご来光"に会いに「大黒岳」や「富士見岳」へ

畳平からは乗鞍岳の8つの峰すべてを目指せますが、多くの人が上りやすくかつ絶景スポットとしておススメなのが「大黒岳」(標高2,772m)と「富士見岳」(2,817m)です。

大黒岳山頂へは畳平のバスターミナルから片道徒歩20分程度。頂上からは穂高連峰、中央アルプスが望め、眼下にはハイマツの樹海も見られます。

富士見岳山頂は、乗鞍山頂畳平バスターミナルから片道徒歩40分程度。コースは2通りありますが、どちらも最後は、砂と小岩の山道を20分ほど登ります。山頂からは、南に剣ケ峰、北に槍ケ岳、穂高連峰が望めます。

そして大黒岳、富士見岳のどちらも、頂上は雲の上に位置しており、絶景の雲海が出迎えてくれます。もちろん天候に影響されますが、厚い雲が波のように広がる様は、まさに雲の海の中を漂っているようです。

雲海とともに、一度は見ておきたいのが、ご来光。乗鞍高原から「ご来光バス」も運行されています。こちらは好天候かつ早起きが条件ですが、早起きするだけの価値は十分あります。