施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の観光施設(旅行)情報を無料で検索できます。

ホームメイト観光施設(旅行)リサーチ

観光情報

日本の観光施設を巡る
「日光の社寺(栃木県)」


日光の社寺(栃木県)

1616年に、徳川家康の霊廟(れいびょう=霊をまつる宮)として「東照宮(とうしょうぐう)」が造営されて以来、徳川幕府の聖地として知られる「日光(にっこう)」。東照宮は、その後1636年に3代将軍家光により全面的に大規模な造り替えが行なわれ、現在の規模・構造になっています。1653年には、その家光の霊廟として、日光山輪王寺(にっこうざんりんのうじ)に「大猷院(たいゆういん)」が造営されました。

東照宮も輪王寺も、日光三山(男体山・女峰山・太郎山)の「男体山(なんたいさん)」の東麓にあり、ここは奈良時代の766年、勝道上人(しょうどうしょうにん)により開山されて以降、山岳信仰の聖地とされてきたところで、古くから日光の氏神様として信仰を集めてきたのが「二荒山(ふたらさん)神社」です。この2つの神社(日光東照宮、日光二荒山神社)と1つの寺(家光廟大猷院を含めた日光山輪王寺)を、一般に日光の2社1寺と呼び、世界遺産「日光の社寺」は、この2社1寺に属する103棟の建造物群とこれらを取り巻く文化的景観を指します。その最大の特徴は、日本人の自然観と信仰に江戸文化の粋を尽くした芸術を融合させた点。そしてそれは今も色あせることなく輝きを放っています。実はそこには、江戸時代から続く「天才芸術家集団」たちの存在があります。彼らはどのような集団なのか? そこにもスポットを当て、日光の社寺の楽しみ方をご紹介しましょう。

文化遺産
1999年登録
具体的な物件
二荒山神社、東照宮、輪王寺
該当する世界遺産の登録基準
(ⅰ)(ⅳ)(ⅵ)

まさに"豪華絢爛"。天才芸術家集団の手による「日光東照宮」

まさに

日光のシンボルとも言える家康が眠る墓所「日光東照宮」。家康の遺言として日光の地が選ばれ、代々の将軍の社参や朝廷からの例幣使の派遣など、江戸時代の政治体制を支える重要な歴史的役割を果たしました。建物は、権現造と呼ばれる日本の代表的な神社建築様式で、現在の社殿のほとんどが、1636年に3代将軍家光によって建て替えられたものです。彫刻、漆塗、彩色、金工などの建築装飾は当時の最高水準が用いられており、現在の相場で400億円相当の「寛永の大造替」が行なわれたと言われています。中で誰もが圧倒されるのが、故事逸話や子どもの遊び、聖人賢人など500を超える彫刻が施された「陽明門(ようめいもん)」です。一日中見ていても見飽きないことから「日暮らし門」の異名もあります。

≪コレ、知っておこう!≫江戸の天才芸術家集団

日光の建築群は、徳川幕府の主任建築家である甲良豊後守宗広(こうらぶんごのかみむねひろ=「東照宮」の大棟梁)、平内大隅守応勝(へいのうちおおすみのかみまさかつ=「大猷院」の大棟梁)や、主任画家である狩野探幽(かのうたんゆう)など、17世紀の日本を代表する天才的芸術家の作品群とも言えるもので、芸術家個人の名が数多く知られるところに特徴があります。東照宮を担当した宗広の甲良家は、現在の滋賀県甲良町で中世から大工の名家として知られ、織田信長が築いた名城「安土城」の造営にも力を発揮したと伝わります。そして、日光の社寺の建造物群は、職人集団が江戸時代を通して日光の町に常駐して定期的な修理が行ない、常にその時代の最高水準を保ってきたのです。現在、そのれは「日光社寺文化財保存会」によって担われています。

門をくぐるたびに天上界へ導かれるような「日光山輪王寺」

1240年以上の歴史を持つ天台宗の名刹「輪王寺」は、伝教大使最澄が開いた比叡山「延暦寺(えんりゃくじ)」(滋賀県)と、その形態が似ています。比叡山には「延暦寺」という建物はなく、比叡山の多くの寺院を統合して「比叡山延暦寺」と言います。輪王寺も同じで、本堂である「三仏堂」をメインに15の寺院や門からなり、その全体を指して「日光山輪王寺」と呼ぶのです。

輪王寺の見どころはたくさんありますが、中でも、家光の墓所である「大猷院」の境内に林立する315基の灯籠は印象的です。また、「大猷院」は、家康公の「東照宮」をしのいではならないという家光公の遺命により、彩色や彫刻は、控え目ですが、かえってそれが重厚で落ち着いた雰囲気を醸し出しています。家光の墓所の入り口に当たる「皇嘉門」(こうかもん)までの大小6つの意匠の異なる門がまた良く、門をくぐるたびに景色が転換して、まるで天上界に導かれているような不思議な心地がします。

大谷川の渓谷をまたぐ新橋が出迎えてくれる「日光二荒山神社」

日本人の自然観と信仰、と芸術の融合を存分に味わえるのが、日光連山が丸ごと境内とも言える「日光二荒山神社」です。入口で出迎えてくれるのは、大谷川の渓谷をまたぐ朱塗りの美しい「神橋」。山間の峡谷に用いられた「はね橋」の形式としては日本で唯一の古橋であり、日本三大奇橋(山口県錦帯橋山梨県猿橋)のひとつに数えられています。本殿は日光山内に現存する最古の建造物で、2代将軍秀忠の寄進による安土桃山様式の優美な八棟造です。また、神橋へと続く日光駅からの道のりには、土産物店や骨董店、レトロなカフェなどが並び、食事処で名物の湯波(ゆば)に舌鼓を打ったり、気になったお店をのぞきつつそぞろ歩いたりもおススメです。