ご希望の観光施設(旅行)情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト観光施設(旅行)リサーチ

観光情報

日本の観光施設を巡る「厳島神社(広島県)」


厳島神社(広島県)

日本三景のひとつ、「安芸の宮島(あきのみやじま)」でよく知られる「宮島=厳島(いつくしま)」は、日本の瀬戸内海に浮かぶ周囲約30kmの島です。この宮島に建つ「厳島神社」は、総延長約275mに及ぶ廻廊で結ばれた、平安時代の寝殿造りの粋を極めた建築美が際立つ社殿群で、海を敷地とし、潮の満ち引きによってその表情を変化させるという、非常に珍しい神社です。潮が満ちると、宮島の入り江の海の中に大胆で独創的な木造建物が建ち並び、世界でも稀な「海上神殿」という風景をつくり上げるのです。この厳島神社と、神域とされ手つかずの自然が残る宮島の弥山(みせん)原始林が、「厳島神社」という名称で1996年に世界遺産に登録されています。

厳島神社の最大の特徴であり魅力は、「海に浮かぶ社殿群」の秘密にあります。なぜ、海に浮かぶかのような神社が建立されたのか? そして、自然と真っ向から向かい合う建築物であるにも関わらず、現在の社殿が造営されてからおよそ800年もの間、厳島神社の本殿は度重なる自然災害にも耐え、驚くことに、一度も自然による被害を受けたことがありません。海に浮かぶ理由とともに、その秘密にも触れる旅を、ぜひ厳島神社では味わいましょう。

文化遺産
1996年登録
具体的な物件
厳島神社、厳島(宮島)
該当する世界遺産の登録基準
(ⅰ)(ⅱ)(ⅳ)(ⅵ)

島自体がご神体である宮島

島自体がご神体である宮島

厳島神社が創立されたのは、592年ごろと推定されています。厳島神社のある宮島は、今では人も住み、観光客も訪れる島ですが、古代から島そのものが神として信仰の対象とされてきたことから、島に上陸することは恐れ多いとされ、誰一人、島に入ることが許されない時代が平安時代末期ごろまで続いていました。そのため、海までが神社の敷地とされ、人々は対岸から遠く眺めて参拝したと伝わります。権力者や貴族などは、船に乗り、島近くで参拝することもあったようですが、その際にも島に上陸することだけはありませんでした。つまり、対岸や船上からの参拝を前提に、参拝者からよく見えるように、入り江に社殿を構えたというわけです。

平清盛によって造営された"海上神殿"の秘密

現在の社殿群が確立されたのは、平安時代末期のことです。平家全盛のころの平清盛に尊崇された厳島神社は、清盛の全面的なバックアップのもと、1168年に寝殿造りを模した社殿と大鳥居が建設されたのです。その後、2度の火災により焼失し、現在の本殿は1241年に再建されています(1571年毛利元就により改築)。

なぜ大鳥居は倒れないのか?

沖合に建つ朱塗りの大鳥居は、高さが奈良の大仏とほぼ同じ16.8mで、主柱の根回りは10mにも及び、潮が引くとその巨大な全容が現れます。風雨にさらされ、潮が満ちると海水に浸るため、およそ100年周期で交換され、現在(2013年6月現在)は8代目です。本殿が自然災害の被害を受けたことがない謎もさることながら、海中で、しかも地盤の弱い砂地に建てられた大鳥居が、なぜ、地震や波の勢いで倒れないのかも気になるところです。実は、この大鳥居、正確に言うと「建てられた」のではなく「置かれている」のです。1本の主柱を2本の袖柱(控柱)で支える四脚鳥居構造の上に、「笠木」(かさぎ=鳥居の上に渡す横材)と「島木」(しまぎ=笠木の下、主柱の頭に乗っている長い横材)が一体となって渡されているのですが、なんとその中を空洞にして6トンにも及ぶ玉石を詰め込むことで、この石の重さを利用した鳥居自体の重量(約60t)だけで立つように設計されているのです。海に浮かぶ大鳥居の神秘的な姿の裏には、こんな意外な工夫が施されているとは、驚きですね。

800年の間、本殿が自然災害から守られてきた理由

では、厳島神社の本殿は、800年もの間、火災による焼失はあっても、なぜ、自然災害には耐え続けて来ることができたのでしょう? 例えば、2004年9月に厳島神社を襲った台風18号は、本殿以外の柱や床板を壊しましたが、一番奥にある本殿はほとんど被害を受けていません。その秘密のひとつは、海上にせり出している「平舞台(ひらぶたい)」にあります。平舞台とは雅楽などが舞われる舞台で、社殿は5つの平舞台で囲まれているのですが、実はこの平舞台、杭に固定されておらず、大波が来たときにはいかだのように海に浮かぶようになっているのです。また、平舞台には7~8mmのすき間が開いており、このすき間から波を逃がす構造になっていて、平舞台を通過した大きな波はその勢いを弱めます。さらに驚くことに、社殿の床と柱の構造にも工夫があります。床が大きな波でせり上がると、柱と擦れて波の勢いをさらに弱め、大きな波が本殿に及ばないような仕組みになっているのです。このように幾重にも施された工夫によって、厳島神社は、周囲の自然と見事に調和し、その荘厳で美しい姿を今に伝えているのです。

平清盛が始めた神事も楽しもう

厳島神社は、日本三大船神事に数えられる「管弦祭(かんげんさい)」(旧暦6月17日)や、高舞台(たかぶたい)で奉納される「舞楽(ぶがく=雅楽と舞)」など、平清盛の時代から伝わる神事も多く、タイミングが合えば、ぜひ華麗な王朝絵巻の世界も楽しみましょう。