ご希望の観光名所/旅行/温泉/レジャー情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
観光名所/旅行/温泉/レジャー
トップページへ戻る
トップページへ戻る

観光情報

日本の観光施設を巡る「原爆ドーム(広島県)」


原爆ドーム(広島県)

広島市にある「原爆ドーム」は、第2次世界大戦中の1945年8月6日、原子爆弾によって破壊された広島県産業奨励館の残骸です。核兵器廃絶と人類の平和を求める誓いのシンボルとして広く認知されているこの原爆ドームが、世界遺産として登録されたのは1996年。人類史上初めて使用された大量殺りく兵器の惨禍を後世に伝える「負の世界遺産」としてです。

広島県物産陳列館は、広島県の物産の改良増進を図り、産業の発展に貢献する目的で、チェコの建築家ヤン・レツルが設計し、1915年(大正4年)に建設された、銅で覆われた特徴的な建物でした。建築面積はおよそ1,002㎡。噴水池を持つ洋風庭園や、四阿(あずまや)を持つ和風庭園も整備され、旧広島藩の米倉と民有地を整地して加え、全体で約3,200㎡を敷地として使用していたと言われています。この建物が、原爆の上空での爆発後、わずか1秒で破壊されたのです。広島の街全体が熱線と衝撃波で壊滅したのは、何と10秒後のこと。まさに戦争の愚かさを目の当たりにできる非常に貴重な建造物として、ぜひ、一度は訪れたい世界遺産です。

文化遺産
1996年登録
具体的な物件
原爆ドーム
該当する世界遺産の登録基準
(ⅵ)

人類の過ちを後世に伝える「負の世界遺産」

人類の過ちを後世に伝える「負の世界遺産」

世界遺産の文化遺産には、戦争や人種差別の悲惨さなど、歴史上で人類が犯した過ちを示す遺産も登録されています。多くの世界遺産が「人類が後世に伝えるべき素晴らしいもの」であるのに対して、人間の愚かさを示すものであることから「負の世界遺産」と呼ばれているのです。代表的なものとしては、ポーランドの「アウシュヴィッツ=ビルケナウ-ドイツ・ナチの強制・絶滅収容所」や、人種隔離政策に反対した人々が収容されたことで有名な南アフリカ共和国の「ロベン島」、世界に配信されたニュース映像に驚愕を覚えた人も多い、タリバン政権によって破壊されたアフガニスタンの「バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群」などがあります。

その中で、原爆ドームは、核兵器による惨状をそのままの形で伝える世界で唯一の建造物であるとともに、核兵器廃絶と恒久平和の大切さを"訴え続ける"、他に例のない平和記念碑です。しかし、こういった負の遺産に関しては、平和を願う気持ちは同じでも、様々な意見があることも事実。原爆ドームは負の遺産であるということを忘れず観光することが大事です。

原爆ドームとともに訪れたい、「平和」を思う場所

原爆ドーム

原爆ドームは、投下された原爆の爆心地から北西に約160mの至近距離にあったため、熱線と爆風を浴びて大破し全焼しました。しかしそれでもドーム中心部が形を留めたのは、爆風が上方からほとんど垂直に働いたため、奇跡的に倒壊を免れたからだと考えられています。もしかしたら、神の意志が働いたのかもしれません。この原爆ドームが残った意味に、ぜひ思いを馳せてみましょう。

広島平和記念公園

広島平和記念公園」は、世界の恒久平和を願って爆心地に近い太田川と慶川の間の土地に整備された公園です。原爆ドームをはじめ、原爆投下当時の広島の様子を展示した広島平和記念資料館や、原爆で犠牲になった人々を追悼する供養塔や慰霊碑、様々な平和のモニュメント、平和を象徴する噴水などがあります。また、広島平和記念公園内には、3つの「平和の鐘」があります。毎年8月6日の広島平和記念式典で鳴らされる鐘、訪問客用に常設されている鐘、そして毎朝8時15分に鳴るチャイムです。この3つの鐘全体の音風景は、環境省が選んだ、残したい日本の音風景100選に選ばれています。平和への思いを込めて、ぜひ鳴らしたい鐘です。

原爆の子の像

「原爆の子の像」は、被爆して死亡した佐々木禎子さんをモデルにしたもので、広島平和記念公園内にあります。2歳で被爆した禎子さんは外傷もなく、その後元気に成長しました。しかし、9年後の小学校6年生の秋に突然、被爆による白血病を発症して、8か月の闘病生活の後、12歳で亡くなりました。禎子さんの死を新聞で知った青年が、禎子さんの同級生に声をかけて、禎子さんだけでなく、原爆で犠牲になった子どもたちの霊を慰めるために石碑をつくろうと働きかけたことがこの石碑づくりの始まりでした。全国の小学校、中学校、高校への呼びかけにより、「広島平和をきずく児童・生徒の会」が結成され、繰り返し募金活動が行なわれた結果、禎子さんの死から約2年後、像が完成したのです。像の下に置かれた石碑には、「これはぼくらの叫びです これは私たちの祈りです 世界に平和をきずくための」という碑文が刻まれています。そしてこの原爆の子の像は、年間を通じて、たくさんの千羽鶴が捧げられていることから、別称「千羽鶴の塔」とも呼ばれており、「サダコと折り鶴の物語」として絵本などの題材になって世界に広まり、日本の伝統的な文化である折り鶴が、今日では平和のシンボルと考えられ、多くの国々で平和を願って折られています。