ご希望の観光名所/旅行/温泉/レジャー情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト観光名所/旅行/温泉/レジャーリサーチ
観光名所/旅行/温泉/レジャー
トップページへ戻る
トップページへ戻る

観光情報

日本の観光施設を巡る
「白神山地(青森県・秋田県)」


白神山地(青森県・秋田県)

白神(しらかみ)山地」は、青森県南西部から秋田県北西部にまたがる13万haに及ぶ広大な山地帯の総称です。このうち、原生的なブナ林で占められている1万7千haが、1993年に屋久島(鹿児島県)とともに、日本初の世界自然遺産として登録されています。

白神山地のブナ林は縄文時代の始まりのころに誕生したと考えられており、8千年近い歴史を持っています。世界的に見ても、外部から開発されたことのない、これほど広大なブナ原生地区は珍しく、500種以上に上る植物や、国の天然記念物で絶滅の恐れのあるイヌワシ、同じく天然記念物でブナの木だけに巣穴をつくる体長45cmもあるキツツキ科のクマゲラなどの鳥類、またニホンカモシカ、ツキノワグマなどの大型哺乳類も生育し、これらをはじめとした多くの種が相互作用を持ちながら、生態系の構成要素として機能していることが世界遺産に選ばれた大きな理由です。

では、この白神山地は、古来、人の手が何も入らなかった場所なのでしょうか? 答えは「いいえ」です。世界で減少傾向にあるブナの森がこれほど素晴らしい状態で残っているのは、実は古来より、人と自然が共生してきた紛れもない証であり、白神山地は、その結果生まれた"奇跡的な自然遺産"なのです。

白神山地の先人たちは、どう、このブナの森と関わり、自らの暮らしと文化を育み、母なる森と共生してきたのか? まずそこを知り、"生態系の博物館"と言われるほどの白神山地への旅に出ましょう。

自然遺産
1993年登録
登録地域
白神山地の内、原生的なブナ林で占められている1万7千haの区域
該当する世界遺産の登録基準
(ⅸ)

世界最大のブナの森が守られてきた仕組み

世界最大のブナの森が守られてきた仕組み

ブナは、漢字で「木」へんに「無い」と書きます。はっきりとした語源は不明ですが、「ブナの木一本水一石」と言われるほど、ブナはたくさんの水を蓄えるため、腐りやすく、木材として適さないことから、役に立たない木とされたのではないかと言われています。そのため、日本国内のブナ林は近代化の中で次々と切られ、それに代わってスギなどの有用材が植えられてきました。しかし、白神に生きてきた人々にとって、ブナの森は特別な意味を持つ森でした。

人も動物もブナの森とともに生きてきた

東北の地に人が定住し、森で生活を営み始めたのは、縄文時代の前期、5500年ほど前のことです。彼らは、稲作が始まる弥生時代に入るまで、狩猟採集生活を送っており、山では木の芽や木の実を採集していました。それを物語るひとつが、白神山地から少し離れますが、青森市にある国内最大級の縄文集落「三内丸山(さんないまるやま)遺跡」です。約5500年前~4000年前の遺跡からは、廃棄されたブナや栗の果皮が大量に発見されており、当時、脂肪分が豊富なブナの実の胚乳が貴重な栄養源になっていたことを示しています。これは、森の動物にとっても同じで、白神山地のブナの森は狩猟民にとって食料を生み出すとともに、猟の対象である動物たちをも育んでくれる牧場でもあったのです。

「山棲み」たちの母なる森への信仰

そして、白神山地に生きてきた人々は、有史以降も変わらず、自分たちに恵みを与えてくれる森を大切にし、神聖化してきたと言われています。古くから、炭焼きや山菜・キノコ採り、猟などを行なう「山棲み」と呼ばれる人たちがいましたが、その代表と言えるのが「マタギ」です。マタギは春から秋にかけては森での採集や川漁、農耕を生活の柱とし、冬に集団で山に入り、狩りを行なうのです。狩りは常に危険と隣り合わせであるため、いつしか彼らの間に山に対する独特の信仰が生まれました。マタギたちは山を神聖な場所と捉え、狩りを行なう際には自らに数々の禁忌を課していたのです。例えば、山中では日常語ではなく山言葉(マタギ言葉)を使い、咳払い、あくび、歌、口笛などは禁止。狩猟具の音も立ててはならないとされていました。また、雪崩に流されたクマや子をはらんだクマ、子連れのクマは捕らないといった決まりごともありました。現在ではマタギを生業にする人はほとんどいませんが、こうした、狩猟場を荒らさず、また資源を取り尽くすことなく、森と共存する中で生計を立てる山棲みたちの精神が、ひとつには、森を守る仕組みへとつながっていったのです。

「ブナの実一升、金一升」

一方、里での四季折々の暮らしも、この豊かなブナの森とともにありました。里の人々の春は、森に蓄えられていた大量の雪解け水が里に溢れ出し、田植えの準備を始めることで幕を開けます。雨季から夏にかけ、ブナの葉は、この地に降り注いだ雨の3分の1を受け止め、幹に蓄えます。ブナは、温度が上がると幹に蓄えた水を葉に吸い上げ、葉から水蒸気を出して温度を調節します。この水蒸気が雲をつくり、再び雨を降らせるのです。

そして冬になると、白神山地にあるブナの森の真価が発揮されます。寒さに強い種類の木でも雪の重みで倒れることが多々ある中、ブナの若木は雪の重みでたわむものの折れることはありません。ブナの強い復元力が、白神山地に豊かな森をつくったのです。1升のブナの実が育つと、その価値は金1升にも匹敵することを知っていたこの地の人々は、昔から「ブナの実1升、金1升」と言って、その価値をたたえ、ブナの森と"永続的に"共存する道を歩んできたのです。