ご希望の観光名所/旅行/温泉/レジャー情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
観光名所/旅行/温泉/レジャー
トップページへ戻る
トップページへ戻る

観光情報

日本の観光施設を巡る
「法隆寺地域の仏教建造物(奈良県)」


法隆寺地域の仏教建造物(奈良県)

奈良県の斑鳩(いかるが)町にある「法隆寺(ほうりゅうじ)地域の仏教建造物」は、日本で最初に登録された世界遺産のひとつです。「世界最古の木造建造物」として奇跡的に現存する「法隆寺」を中心に、中宮寺(ちゅうぐうじ)、法起寺(ほうきじ=世界遺産)、法輪寺(ほうりんじ)など古寺が点在し、仏教伝来に伴い古墳時代から日本国家成立へと流れを進めた「飛鳥時代」の姿を、1400年の時を超えた今も、のどかな田園風景とともに見せてくれています。

飛鳥時代といえば、「お札の顔」として誰もが知る「聖徳太子(しょうとくたいし)」が生きた時代。法隆寺は聖徳太子が創建した寺です。この聖徳太子、実はとても謎に満ちた人物。聖徳太子ゆかりの法隆寺にも数々の謎が存在します。そんなミステリー要素も含め、世界遺産「法隆寺地域の仏教建造物」の観光ポイントをご紹介しましょう。

文化遺産
1993年登録
具体的な物件
法隆寺、法起寺
該当する世界遺産の登録基準
(ⅰ)(ⅱ)(ⅳ)(ⅴ)

世界最古の木造建造物だけではない「法隆寺」の魅力

世界最古の木造建造物だけではない「法隆寺」の魅力

「法隆寺」は、607年、聖徳太子と推古(すいこ)天皇が創建し、670年に全焼したため再建(7世紀後半~8世紀初頭)されたと言われています。それが現在の西院伽藍(がらん=エリア)です。西院の主要建物である「金堂」「五重塔」「中門」「回廊」は、中国や朝鮮にも残存しない初期の仏教建築様式を誇り、まさに世界遺産の名にふさわしい建築物。しかし法隆寺の魅力はこれだけではありません。聖徳太子の等身と伝わる秘仏「救世観音像(くせかんのんぞう)」を安置する「夢殿」のある東院伽藍は8世紀前半のもの。そして両院の他の主要建物は主に8世紀~13世紀の建立。さらに両院の周囲にある子院は、12世紀ごろから建築が始まったとされ、17世紀~18世紀にかけての建物も多くあります。つまり、法隆寺は、初期の仏教建築の姿を今に伝えるだけでなく、日本の仏教寺院建築の変遷をうかがうことができる文化遺産の集約地。その点も高く評価されて世界文化遺産に登録されており、日本の仏教寺院建築の変遷を見て歩くのも面白いところです。

国宝115点・重要文化財2000点近くもある"仏教美術の殿堂"

これら寺院建築とそこに安置された彫刻や絵画は、約190件が国宝・重要文化財に指定されており、点数にすると国宝だけで115点、重要文化財に至っては何と2000点近くにもなります。まさに"仏教美術の殿堂"です。

≪コレ!知っておこう≫飛鳥時代とは?

「飛鳥時代」とは、一般に、推古天皇が豊浦宮(とゆらのみや)に即位した6世紀終わりから、710年に元明(げんめい)天皇が奈良平城京に遷都するまでの約100年間を指します。この飛鳥時代を一口で言うと、中国・朝鮮からの仏教伝来に伴い、古墳時代から脱皮して新しい文化を発展させた時代。政治・経済・社会ともに大変革が試みられ、それまでの大和政権が豪族の連合政権であったのに対し、天皇制律令国家へと飛躍した、まさに日本国家成立の時代なのです。そういった背景のもと、聖徳太子は活躍し、法隆寺や法起寺は誕生したのです。

日本最古のワンダーランドで歴史の「謎」に触れる

法隆寺は、世界最古の木造建築群だけあって、不思議がそこかしこに転がっているワンダーランドのような仏寺です。たくさんの謎の中から、旅のお供になるものを2つ紹介しましょう。

法隆寺の七不思議

法隆寺には、江戸時代のころから語られ始めた七不思議があります。七不思議に数えられる内容は様々ですが、代表的なものでは、「クモが決して巣を張らない」、「開かずの伏蔵(ふくぞう)がある」、「五重塔の相輪(そうりん=塔の上の10mほどの飾り)になぜか4本の鎌が刺さっている」などがあります。

「クモの巣」に関しては、法隆寺にもクモは巣を張りますから、これは法隆寺を清い寺に保とうという僧たちの心意気の表れだろうと言われています。

「開かずの伏蔵」は、法隆寺には3つあるとされ、歴史家や仏教関係者によって様々な憶測がなされています。伏蔵というのは、地下に設置された秘密の蔵のこと。同じく奈良にある東大寺の伏蔵からは太刀や銀碗などが見つかっており、法隆寺にも同様の宝物があると予想されていますが、法隆寺では、「仏法の存亡の時、または、寺の窮乏の時以外は開けてはならない」と代々言い伝えられ、建立からこれまで開けられたことがないため、その存在も中身も全くわかっておらず、謎のままなのです。

観光として面白いのは、五重塔の相輪です。五重塔は、木造の塔としては日本最古で、天をも貫かんとする雄大な姿は迫力満点。そのてっぺんに相輪はあり、その中に長さ2mほどの大鎌がかけられているのです。一説には、聖徳太子の怨霊封じのためとも伝わりますが、おそらくは落雷防止を祈願するもので、雷の魔物が塔に降りようとするのを防ぐために置かれたと言われています。しかし文献にそのことに関する記載はなく、また法隆寺の五重塔以外のこういった塔に鎌がかけられている例もありません。真相は謎のままですが、法隆寺の五重塔がこれまで一度も落雷や火災の被害を受けていないことを考えると、「守られている」ことを信じたくなる七不思議の一つです。

斑鳩三塔のひとつ「法起寺(ほうきじ)」

世界遺産「法隆寺地域の仏教建造物」で、ぜひとも訪れてほしいのが、この世界遺産の構成物件のひとつである「法起寺」です。法起寺は、死を予感した聖徳太子が、息子に岡本宮を寺院に改めるよう遺言したのが始まりだとか。三重塔としては日本最大で最古とされる706年創建の国宝の塔があり、岡本宮であったころは、聖徳太子がここで法華経を講じたと伝わります。目を閉じて耳を澄ますと、その講説が聞こえてきそうな、ゆったりとした時の流れを感じる、実に趣のあるお寺です。特に、コスモスが咲く時期の景観が素晴らしく、同じく塔で有名な近くの法輪寺と法隆寺を加えた「斑鳩三塔巡り」の散策もおススメです。