ご希望の観光名所/旅行/温泉/レジャー情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
観光名所/旅行/温泉/レジャー
トップページへ戻る
トップページへ戻る

観光情報

観光施設に船で行く



海に囲まれた島国・日本だからこそ、ぜひ利用を検討したいのが船での移動です。人とともに車も運んでくれるフェリーの活用はもちろん、豪華客船での船旅も、国内旅行であれば実は意外とお得に楽しむことができ、おススメです。

旅のプランが広がる長距離フェリーの活用

旅のプランが広がる長距離フェリーの活用

島国である日本にピッタリの国内移動手段でありながら、意外と知られていないのが、全国各地を定期的に結ぶ「長距離フェリー」の存在です。おそらく多くの人が考えている以上にさまざまな定期路線が開設されているので、旅のプランを立てる際に、活用できないかをぜひ調べてみましょう。

人を運ぶ交通手段であるとともに、車ごとの移動も可能なフェリーは、旅先を車で回りたい旅行の場合も最適です。目的地まで車で行くことによる疲れや事故などの心配もなく、渋滞に巻き込まれることもありません。さらにフェリーでは車輸送のみもできるため、他の交通機関で移動して別の旅先を楽しんだのち、目的地で車を受け取り、ドライブ旅行を楽しむというプランも可能です。

また、最近は大型のフェリーが主流で、乗り心地がよく、長時間の航海でも楽しめるようにレストランやバー、娯楽施設など船内施設も充実しており、展望浴場を備えたフェリーもあります。移動中も広い船内を歩き回ってリラックスすることができるのも、大きな魅力のひとつです。

豪華客船で行く国内ショートクルーズ

多くの人が、一度は体験してみたいと憧れを抱く豪華客船による「船旅」。とはいえ、お金も時間もかかり、自分とは無縁のものと思っている人が多いのも事実でしょう。しかし、国内旅行においては、意外とお得に、そして手軽に楽しめるプランがあります。「国内ショートクルーズ」と呼ばれるもので、その中でも1泊2日のワンナイトクルーズなら、日本の代表的な客船「にっぽん丸」(商船三井)「ぱしふぃっくびぃなす」(日本クルーズ客船)「飛鳥Ⅱ」(郵船クルーズ)においても、3万円台から設定されています。この費用には、移動費、宿泊費、夜のディナーも含む乗船中の食事代、ショーなどの船内で繰り広げられるエンターテインメント代などが含まれており、トータルで考えると驚くほどお得なのです。

また、ショートクルーズは、小さな子ども連れではなかなか遠くへ出かけられないというファミリーにもおススメの旅です。オムツ換えや授乳などが必要な子ども連れの旅行の場合、その場所の確保やタイミングの心配が常につきまといますが、クルーズでは移動中だけでなく停泊中も船室が使えるので、安心して旅を楽しむことができます。しかも生後6ヵ月以上2歳未満の幼児は大人1名につき1名が無料です。夏休みなどは、家族や3世代で利用しやすいように、通常よりお得な子どもの割引料金が設定されているコースもあります。

各客船とも部屋のグレードによって料金が変わってきますが、一番リーズナブルな部屋でもエンターテインメントやイベントを楽しむことで十分船旅の楽しさを味わえます。