ご希望の観光名所/旅行/温泉/レジャー情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
観光名所/旅行/温泉/レジャー
トップページへ戻る
トップページへ戻る

観光情報

観光施設に車で行く



家族で旅行に出かけるときや、仲間とわいわい旅に出るときに便利なのが車移動。そんな車移動を、料金的に後押しする、高速道路のお得サービス「ETC割引」のポイントを紹介しましょう。

ETC割引の基礎知識

ETC割引の基礎知識

ETCシステムに組み込まれたエレクトロニクス技術と情報を活用することで、現金による精算では技術的に難しかった各種の割引サービスを行なうものです。

ETC割引を受けるには、「ETC車載器」と「ETCカード」が必要です。「ETC車載器」を取り付けた車に、個人所有の「ETCカード」が差し込まれた状態で、高速道路を利用すると、システムが作動し、料金の割引サービスが受けられるのです。

ETC割引のポイント

ETC割引には、主に通勤利用者を対象とした「平日朝夕割引」や旅行などの利用者を対象とした「休日割引」、他にも物流トラックなど深夜の利用者を対象とした「深夜割引」などがあります。これらのETC割引は、「○時~○時の間」と対象時間が決まっていることが多いですが、この対象時間内に高速道路での走行を完了していなければいけないのかというと、実は、そうではありません。ETC割引は、たとえ1分でも対象時間中に高速道路を走行していれば、走行区間全てに対して割引が適用されるケースがほとんどです。ひとつ、例を示しましょう。

休日特別割引(土・日・祝日/30%OFF)のケース
休日割引は、普通車・軽自動車等(二輪車)が対象となっており、土日祝日に加えて毎年1月2日と3日が30%割引になります。走行距離や割引適用回数の制限はありませんが、東京と大阪近郊区間については割引対象外となります。
この休日割引のケースでは、対象車種の車で金曜日の夕方に高速道路に乗り、東京や大阪近郊区間を通らず土曜日の0時1分に降りた場合、土曜日の走行時間が1分で、ほとんどの走行が金曜日だったとしても、土曜日に高速道路を走行したことになるため、割引が適用されます。

旅行プランを立てるときに、いろいろとシミュレーションをして、うまく使いこなせば、かなりの節約になります。各種割引の詳細については、「ETC総合情報ポータルサイト」(一般財団法人 道路システム高度化推進機構)や全国の高速道路情報サイト「ドアぷら」(NEXCO東日本)などで確認ができます。

ETC車載器を搭載した自分の車でしか使えない?

ETCは、利便性を高めるために、カードと車載器が別れた構成になっています。これは、ETCカードを持っていれば、ETC車載器取付車であれば、どの車を運転してもこのシステムが使えるようにするためです。このため、レンタカーで旅行に行く場合も大丈夫。自分名義のカードをレンタカーのETC車載器に差し込めば、ETC割引は受けられます。