ご希望の観光名所/旅行/温泉/レジャー情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
観光名所/旅行/温泉/レジャー
トップページへ戻る
トップページへ戻る

観光情報

旅行における宿の種類と選び方



宿泊先は、旅行のおおきな楽しみのひとつ。逆に、宿泊先の費用をできるだけ抑えて、他のことで楽しみたいということもあるでしょう。知っているようで意外と知らない宿のあれこれをご紹介しましょう。

「旅館」と「ホテル」の違い

「旅館」と「ホテル」の違い

「旅館」と「ホテル」の違いは何となくイメージできるけれど、はっきりした違いを言うことはできないというのが、大方の声ではないでしょうか。そこで参考として整理してみましょう。

定義(旅館業法をもとに)と宿泊料金の仕組み

定義(旅館業法をもとに)と宿泊料金の仕組み
旅館
和室が多く客室数が5部屋以上。
「1泊2食」が基本で、料金もほとんどが「ひとり当たり」で表示。
ホテル
主に洋室で客室数が10部屋以上、洋式トイレの設置が必須条件。
「泊食分離」で、基本的には料金は「ルームチャージ(部屋当たり)」。

ちなみに、「ペンション」や「民宿」は、上記の旅館やホテルの既定の客室数に届かない場合、そう呼ばれています。

基本的には、旅館とホテルには違いがあるのですが、ホテルでも1泊2食付の様々な宿泊プランを販売していますし、旅館も素泊まりができるなど泊食分離が進んでいます。また、ベッドのある旅館も増えています。そういった意味では、あまりホテル、旅館というくくりにはこだわらず、自分の条件や好みに合う宿を探すのがおススメです。

宿泊先の選び方のポイント

宿泊先の選び方のポイント

では、自分の条件や好みに合う宿を探すためのポイントをいくつか紹介しましょう。

①客層
ファミリー客、カップル客、多い年齢層など。
②料理
種類、内容、食べる場所(部屋食orレストランなど食事施設)など。
③設備
標準装備してあるものは何か、トイレ・お風呂は部屋付かなど。

上記以外で、できればチェックしたいのが、「宿泊施設のポリシーとお客さまとの触れ合い方」。最近では、各宿泊施設のホームページに経営者やスタッフブログが掲載されていることが多く、ソフト面の情報を入手するのにおススメです。