ご希望の観光名所/旅行/温泉/レジャー情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト観光名所/旅行/温泉/レジャーリサーチ
観光名所/旅行/温泉/レジャー
トップページへ戻る
トップページへ戻る

観光情報

旅行の種類で選ぶ



自分でプランを立てた個人旅行を楽しむことももちろんおススメですが、ここでは、旅行会社に頼む場合のポイントを紹介しましょう。旅行会社が設定する旅行にはいくつかの種類があります。

パッケージツアー(募集型企画旅行)

パッケージツアー(募集型企画旅行)

旅行会社が設定する一般的な旅行企画商品で、旅行会社が全旅行日程を管理し、責任も負います。パック旅行やパックツアー、単にツアーと呼ばれることもあります。旅行をする人と旅行会社との間で契約を結び実施されるものであり、パンフレットに記された内容や条件にしっかりと目を通し申し込むことが大事です。

「コレ!知っておこう」パンフレット記載のこんな言葉

①「○○ホテル指定」と「○○ホテルまたは同等クラス」
海外旅行の場合によく見られる言葉ですが、国内旅行でも使われることがあります。「○○ホテル指定」は、ホテルが決定しています。一方、「○○ホテルまたは同等クラス」は、申し込んだあとに、そのホテルか、そのホテルと同じランク内から決まります。同等クラスと書いてあっても、ホテルの指定を旅行者がすることはできません。
②延泊可
追加料金を払えば、滞在を延長できます。
③最少催行人員
ツアーが行なわれるのに最低必要とする参加人数のことです。予約客がこの人数に達しない場合、ツアーが行なわれないこともあります。

受注型企画旅行

自分の希望にかなうパッケージツアーがない場合、「受注型企画旅行」を利用するのも手です。旅行会社に希望を伝え、それをもとに旅行会社が具体的なスケジュールづくりから宿泊先や移動手段などの手配までをまとめて行ない、パッケージツアーと同様、旅程を管理し責任も負います。オリジナルな旅行をしたいけれど、できるだけ手間なく行きたい場合にピッタリです。

手配旅行

航空券や鉄道、ホテルなど、旅のパーツを旅行会社から購入するものです。旅行会社と宿泊先や交通機関との間の契約により、直接購入するよりもお得な料金で設定されているものもあります。ただし、旅行会社は、旅行者の委任を受けて代理で取次行為を行なうだけなので、交通機関の遅延などによる旅程の変更や旅行中に事故などが起きても、その責任を負いません。