ご希望の観光施設/レジャー施設情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

おすすめパワースポット

「おすすめパワースポット」では、都道府県ごとに代表的な「パワースポット」をご紹介!
「パワースポット」の基本情報や口コミ、写真・動画も豊富なので、お出かけ前や旅行の計画に最適です。パワースポットの歴史や選ぶ際のポイントも分かりやすく解説していますので、全国の「パワースポット」巡りにぜひお役立て下さい。

「パワースポット」とは?

パワースポットの歴史

日本全国の様々な場所に点在している「パワースポット」。旅行やドライブといった観光の際に訪れたことがある方もいるのではないでしょうか。

「パワースポット」と言えば、神社仏閣に縁のある場所が多いことが特徴のひとつですが、それではなぜそれらの場所が「パワースポット」と呼ばれるようになったのか、ここではその歴史についてご説明します。

パワースポットイメージ写真

「パワースポット」という言葉は、比較的新しい言葉のように思われることも多いですが、その言葉自体が初めて使われたのは、実は1975年(昭和50年)頃。超能力者を自称する清田益章氏が「大地のエネルギーを取り入れる場所」を「パワースポット」として定義したことが始まりとされています。

しかしながら、「パワースポット」という名称が出てくるかなり前から、「スピリチュアリズム(心霊主義)」において、ある特定の場所にパワーやエネルギーが宿っているという考え方がすでに存在していたのです。

パワースポットイメージ写真

そして1990年代の後半、日本で風水ブームが巻き起こると、いわゆる「気(エネルギー)」を得ることができる場所として「パワースポット」が日本国内で知られるようになりました。

2000年代に、神社仏閣などの場所を「パワースポット」と称して巡る、聖地巡礼ブームが訪れると、信仰を問わず多くの人たちが神社仏閣を参拝し、そこには若者の姿も見かけるようになったのです。このブームも、「パワースポット」という言葉が広く知られることにひと役買うことになりました。このような歴史を経て「パワースポット」という言葉が身近な物になり、多くの人が訪れる場所となっていったのです。

パワースポットイメージ写真

「パワースポット」はどんな場所?

各地にある「パワースポット」と呼ばれる場所は、
その成り立ちや特徴から大きく2つに分けることができます。

1.自然崇拝が始まりである神社仏閣

神社仏閣、特に「パワースポット」ブームの中で取り上げられることが多い神社は、もともとは湧き水や山、そして渓谷といった自然に神が宿ると考えられ、それらの地を崇拝することが始まりとなったと言われています。

パワースポットイメージ写真

「神社」と言えば、願いごとを祈願したり、お守りを頂きに赴いたりする場所ではありますが、参拝の前には手を清め、不浄な者は入ることが許されない神聖な場所です。

また、魂を鎮めることを目的に歴史的な人物が祀られているため、古くから霊的な力があるところとして信じられてきました。そこに大きなパワーやエネルギーが宿っていると考えられてきたのは、ごく自然のことだと言えます。もちろん、森林や滝など自然そのものに囲まれている場所や、火山や温泉といった地中の物質が湧き出ている場所も、同様に霊的なパワーが秘められているとされています。

パワースポットイメージ写真

2.風水によって人工的に造られた場所

現代の日本において、「風水」と言えば住居などの方角を見て開運を招くための物として知られていますが、古くは中国から伝わってきた風水学を用いて、都市や墓などの吉凶を位置によって占い、それらの建設の際に使われてきました。このような風水の中で、「龍穴(りゅうけつ)」と呼ばれるスポットがあります。大地のエネルギーが吹き上げ、風水上では最も運気が高い場所と考えられており、この「龍穴」を守るために神社などが建てられています。

有名なところで言えば「日光東照宮」や「伊勢神宮」が挙げられますが、中でも東京にある「皇居」は、富士山と秩父山系のエネルギーが流れ込み、最強の運を得ることができる「パワースポット」として有名です。

パワースポットイメージ写真

「パワースポット」を選ぶ3つのポイント

雑誌やインターネットなどで話題となっている「パワースポット」には、たくさんの場所があり、どのようなところを選べば良いのか迷ってしまうという方も多くいます。「パワースポット」を選ぶポイントには、どのようなものがあるのでしょうか?

1.自分の直感を信じる

日本に多数ある「パワースポット」は、すべての人に合うわけではありません。「パワースポット」と人の間にも、「相性」という物が存在するのです。それでは、その相性はどのように見極めたら良いのでしょうか。

パワースポットイメージ写真

例えば、ある「パワースポット」の写真を見て、自分の心の琴線に触れた場所、もしくはそこに行くことを想像するだけで幸せな気分になれるような場所は、今自身が潜在意識の中で求めている、そして必要な種類の運気を高めてくれる「パワースポット」である可能性が高いと言えます。

そうした直感に従って出向いた「パワースポット」では、実際に木々のせせらぎに耳を傾けたり、土の温度を感じたりと自然に触れてみましょう。そうすることでその「パワースポット」との相性をより深くすることができ、さらなるエネルギーを得ることができます。

パワースポットイメージ写真

2.高めたい運気で選ぶ

「パワースポット」には、縁結びに関連する場所、仕事運をアップできる場所など様々なご利益の種類があり、多くの人たちは自分の「悪い運気を良いものにする」という願掛けのために訪れています。しかしながら、「パワースポット」は本来「良い運気をさらに高める」ための場所であると考えられているのです。

パワースポットイメージ写真

そのため、例えば「今仕事の調子がいいな」と感じられている方は、仕事運に関連することで有名な「パワースポット」を探してみると良いでしょう。その「パワースポット」のエネルギーによって仕事運が上がれば全体の運気を底上げすることに繋がり、結果的に悪い運気も改善されることが考えられます。

パワースポットイメージ写真

3.「良い条件」に当てはまる場所を探す

「パワースポット」にとって最も「良い条件」とは、「実際にその場所に行って心地良く感じられる場所」であるということ。具体的には、

  • 風通しが良い
  • 日当たりが良い
  • 暖かい

といった条件が挙げられますが、これらと逆で「暗くて風通しが悪く、寒さを感じるような場所」は、例え「パワースポット」として有名で、たくさんの人が訪れる場所であっても、あまり行かないほうが良いと言われているのです。また、いわゆる「滝修行」で使われている滝は、憑き物を取るための場所ですので、近づかないようにして下さい。

パワースポットイメージ写真
パワースポットイメージ写真

いかがでしたでしょうか?「パワースポット」を訪ねることは、「その土地や自然のエネルギーを頂きに行くこと」だと言い換えることができます。「パワースポット」に出向くことは単なる願掛けではなく、自分の内面をリセットし、新たなエネルギーをチャージすることが本当の目的なのです。
神社仏閣であるならば参拝の順序や作法を理解し、また自然豊かな場所に赴くのであればゴミを捨てたり草木を折ったりしないようにするなど、その「パワースポット」に敬意を表せば、より強力なエネルギーを頂けることに繋がります。
ぜひ実際に足を運んで、あなたの相性に合う「パワースポット」を探してみて下さい。